EVENTS
(2000年2月6日更新)
トップページに戻る


EVENT REPORT!!
記念大会大盛況!!第10回 THE BEATLES COPY BAND CONCERT (2/6 SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

すごく盛り上がりました。記念大会の10回目にふさわしい6バンドでした。リポートご覧ください。

開演前 開演前
この日はあいにくの雨。しかも寒かった。なのにやはり並んでくれました。いつもすいませんねえ。いい席を取るためにはアメニモメゲズカゼニモメゲズ、、、
とにかく有り難うございます。これもひとえに皆様のおかげじゃアリガタヤアリガタヤ
THE BEAT UP! 1 THE BEAT UP!
初出演でトップはさぞかしアガルだろうと思いきやすごく落ちついていたのにはビックリ
彼らはなりきっている。ベースがレフティゆえもそうだが2マイクでシャウトの仕方まで似せてる。ルックスも決めておりビートルズが好きなんだってすぐに分かった。好感持てるよねえ
明石大橋の見える街にこんなすてきなコピーバンドがいたなんて,、、、
演奏曲1TWIST AND SHOUT 2 I SAW HER STANDING THERE 3 BABY IT'S YOU 4 FROM ME TO YOU 5 PLEASE PLEASE ME 6 YOU CAN'T DO THAT 7 THIS BOY 8 I WANT TO HOLD YOUR HAND 9 SHE LOVES YOU
THE BOOTLEGS 2 THE BOOTLEGS
1年ぶりの出演とは思えないくらいうまくなってた。2マイクも決まってたが,なによりこのバンドはノリがいい。ドラムのシャッフルがベースとからみ,その上にJOHNのリズムがのっかる。タイトなサウンドは聴いていても躍動してしまう。みんなをノセルのがうまいバンドと言っておきましょう。しかしMCはいつ聴いても漫才やねえ。
演奏曲 1 TWIST AND SHOUT 2 THANK YOU GIRL 3 CAN'T BUY ME LOVE 4 ROLL OVER BEETHOVEN 5 I DON'T WANT TO SPOIL THE PARTY 6 ASK ME WHY 7 THINGS WE SAID TODAY 8 I CALL YOUR NAME 9 BOYS 10 SHE LOVES YOU
MARK 1 4 MARK 1
スタンバイができてすぐに聴こえてきたのは,なんとあの映画”LET IT BE”のイントロでポールが一人ピアノを奏でていたあのリフだった。これぞコピーバンド!!タブ譜にたよるバンドの多い中,彼らは違った。驚きのオープニング,しかもサウンドはギターがREVOLUTION CASINO,RICKY360-12,ベースが4001V63とビートルズのサウンドそものもに聴こえるから全く違和感がなかった。しかしあのピアノソロにはまいったなあ。完璧にノックアウトされました。イヤハヤナントモ!!
演奏曲 1 PAUL'S PIANO SOLO FROM MOVIE CALLED "LET IT BE" 2 I SAW HER STANDING THERE 3 YOU CAN'T DO THAT 4 YOU LIKE ME TOO MUCH 5 YOU WON'T SEE ME 6 AND YOUR BIRD CAN SING 7 IF I NEEDED SOMEONE 8 DIG A PONY 9 REVOLUTION
RICKY SOLO CONCERT RICKY SOLO CONCERT
10回記念大会のためRICKYがやってきてくれました。浪速が生んだ世界のJOHN LENNONをたっぷり聴かせてもらいました。SOLOと言うのにこの迫力,プロと言ってしまえばそれまでですが,一人でこれだけビートルズを聴かす人はいない。歌に酔いしれるとはこのこと。うっとりしている女性の多かったこと。やっぱ歌手ってもてるんだなあ。一緒に同行していたMIWAKOさん、土屋さんお疲れさまでした。大阪へ来たら又よってくださいネ!!
演奏曲1 AIN'T SHE SWEET 2 HOW DO YOU DO IT? 3 THE NIGHT BEFORE 4 YOU'VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY 5 I DON'T WANT TO SPOIL THE PARTY 6 WOMAN IS A NIGGER OF THE WORLD 7 HOW 8 WHEN I GET HOME 9 WOMAN (ENCORE)A DAY IN THE LIFE
P.S.I LOVE YOU 5 P.S.I LOVE YOU
京都からやってきた彼ら。バンド名を変え今回はキーボードに少女を入れサウンドはより厚くなってた。御夫婦のハモリも絶妙でいつもながら感心します。これはきっと愛し合っているに違いない!!キャーやらしいのねえマックの店長は,ホントニモウ!!
演奏曲 1 CAN'T BUY ME LOVE 2 TICKET TO RIDE 3 YOU'RE GOING TO LOSE THAT GIRL 4 ASK ME WHY 5 I'M HAPPY JUST TO DANCE WITH YOU 6 YOU WON'T SEE ME 7 WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 8 I SHOULD HAVE KNOWN BETTER 9 YOU CAN'T DO THAT 10 I SAW HER STANDING THERE
THE SCRANBLED EGG 6 THE SCRANBLED EGG
ご存知浪速のビートルズといえば彼らのことを言う。その洗練されたトークと激しいビートで観客を圧倒させる。今回の目玉はドイツ語の”抱きしめたい”だろう。ドイツ人に聞き取ってもらったという完璧な歌詞を披露してくれた(彼らは以前"SOME OTHER GUY”の100%歌詞もやってくれた)いつもひとひねりある彼らのステージ。次回も又期待できそうだ
演奏曲 1 ROCK AND ROLL MUSIC 2 KOMM,GIBMIR DEINE HAND 3 PLEASE MR.POSTMAN 4 I'M HAPPY JUST TO DANCE WITH YOU 5 CAN'T BUY ME LOVE 6 THE NIGHT BEFORE 7 TICKET TO RIDE 8 BAD BOY 9 DIZZY MISS LIZZY (ENCORE)1 NO REPLY 2 MR.MOON LIGHT 3 TWIST AND SHOUT WITH RICKY
ending フィナーレ
最後はRICKYと全員で歌う"HEY JUDE"でした。おそらくこんなにノッタ"HEY JUDE”は聴いたことがありません。RICKYも最後までSHOUTしてくれました。5時間にも及んだ記念大会。来ていただいた皆様本当に有り難うございました。バンドの皆さんもご苦労様でした。司会の藤田さん、木下さんどうも長い時間有り難うございました。次回は8月です。もう3バンドが名乗りを上げています。是非はやめに応募してください。よろしくお願いいたします。(FEB.6.2000)

▲EVENTSに戻る▲
トップページに戻る