EVENTS
(2003年2月23日更新)
トップページに戻る

EVENT REPORT!!
第15回ビートルズコピーバンド大会(2/23 SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

昨年はポール旋風吹きまくりで、日本列島がポール一色になってしまいましたねえ
そのポールに元気を貰ったバンドが出演してくれました
とにかく滅茶苦茶のりましたねえ
かつてないほどの興奮状態となりました
さすがポール
ここまで元気が届きましたよ
まいど〜おおきに〜ポール!!

レポートご覧ください

開演前 開演前
前日の雨がうその様に、この日はとっても快晴でした
そのためか随分早くから並んでくれました
いつもすいませんねえ
特に今回はお客様も気合が入っていたようで
開演前からもうのってるって感じでした
POLYTHENE PAM 1 POLYTHENE PAM
リードギターが転勤のため急遽助っ人を呼んでの演奏となった彼ら
リードヴォーカルもこの春から異動と言うことで、このバンド名での演奏は今回が最後と言うことらしい
美しいヴォーカルとキーボードのアンサンブルが見事だっただけに、惜しむ声も多かった
でもまた組みなおして出てくれるよねえ
彼らのファンもそう期待してることだから

演奏曲1LADY MADONNA 2 ONE AFTER 909 3 AND YOUR BIRD CAN SING 4 TWO OF US 5 HERE THERE AND EVERYWHERE(JAZZ風) 6 OLD BROWN SHOE 7 GET BACK 8 SGT.PEPPER'S(REPRISE)〜THE END(ポール来日コンサートバージョン)
REMEMBER 2 REMEMBER
あっという間に連続出場6回目の偉業をなしとげたもんだ
いつもながらやる曲をゴロッとかえてのステージは感心さえする
すでにこのコンサートの顔となった彼らだけれどよくぞ精力的にこなしてくれる(激辛のおかげか?)
今回の目玉はリードギターのなべちゃんのキーボードを弾く姿であろう
目が点になった人も多かったはず
甘く歌ってくれましたねえロングアンドワインディングロード
うっとりしたのはだあれ?

演奏曲 1 DON'T LET ME DOWN 2 I'VE GOT A FEELING 3 ONE AFTER 909 4 DIG A PONY 5 GET BACK 6 MAGGY MAE 7 I ME MINE 8 ACROSS THE UNIVERSE 9 THE LONG AND WINDING ROAD
THE MIGHTY SHAKY'S 3 THE MIGHTY SHAKY'S
マージービート系の女性バンドとして、ここ関西では徐々に有名になりつつある彼女達
今回はベースの子が病気のため、急遽知り合いのベーシストに入ってもらい、一回のリハで本番に臨んだと言うからすごい
サウンドはビートルズのデビュー前のハンブルグやキャバーンで演奏していたスタイルだから、最初から最後までグイグイ押しまくる
華奢な体でよくぞあそこまで
エネルギッシュエネルギシュ
これからが楽しみなバンドですよ

演奏曲 1 LICILLE 2 NOTHIN' SHAKIN' 3 BOYS 4 SIMMY SHAKE 5 TWIST & SHOUT 6 HULLY GULLY 7 MONEY 8 THAT'LL BE THE DAY 9 CLARABERA 10 Oo〜MY SOUL 11 DON'T EVER CHANGE 12 MY BONNIE
P.S.I LOVE YOU 4 P.S.I LOVE YOU
いつもご夫婦での出演だが、今回は奥さんに代わり息子さんがベースで出演
若いからパワーがあるねえ
キーボードとドラムを担当する彼女達もパワー炸裂
特に麻衣ちゃんのドラムを叩きながらのCOME TOGETHERは圧巻だった
とってもセクシーに歌ってくれたので、会場内はやんややんやの喝采
まあ今回は彼女に人気を独り占めされましたなあ

演奏曲 1 HERE COMES THE SUN 2 ONE AFTER 909 3 HOLD ME TIGHT 4 HELLO GOODBYE 5 WE CAN WORK IT OUT 6 COME TOGETHER 7 I ME MINE 8 SLOW DOWN
THE FREAK 5 THE FREAK
地元の八尾では超有名バンドと自他ともに認める彼ら
いつもマニアックな選曲だから彼らを見たいと言ってチケットを買うお客様も増えてきた
隔月で地元のライブハウスで演奏するその地道な活動が実を結んだか?
今回はマックのリクエスト"GETTING BETTER"もそつなくこなしてくれた
次回は何をリクエストする?

演奏曲 1 DRIVE MY CAR 2 SOMETHING 3 TELL ME WHAT YOU SEE 4 TICKET TO RIDE 5 TAXMAN 6 SHE SAID SHE SAID 7 GETTING BETTER 8 OCTOPUS'S GARDEN 9 SAVOY TRUFFLE 10 STRAWBERRY FIELDS FOREVER(後半バージョン)
よっちゃんバンド 6 よっちゃんバンド
前回に引き続き大応援団の声援を受けとにかくのりまくる
特に今回は奥さんのキーボードがとてもドライブする
すごく楽しそうに演奏する姿は見ているこちらも楽しくなる
やはり音楽と言うからには楽しくないとねえ
しかしいつもいつも元気なバンドでうらやましいや
ご主人のウィッグは実を言うと奥さんの持ち物らしい
今回は髪をこぎれいに奥さんにカットして貰っての登場だった
ああ、、、愛なのね

演奏曲 1 TELL ME WHY 2 SHE'S A WOMAN 3 BABY IT'S YOU 4 素敵なダンス 5 SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND 6 BIRTHDAY 7 DON'T LET ME DOWN 8 ROLL OVER BEETHOVEN
THE CRY BABIES 7 THE CRY BABIES
ビートルズのデビューアルバムから順番どおり演奏をしていくことを義務付けているらしく
今回はシングル盤を順序どおりやってくれた
彼らもマニアックなバンドではある
ベースのアズリンがレフティだから、ルックスはビートルズそのものなのだ
きわめて忠実なコピーにはアマチュアといえど妥協を許さないところが彼らのポリシーでもある
すごい反響でえらいもててたのう
やっぱりポールのコンサート5日完全制覇がきいたか?

演奏曲 1 LOVE ME DO 2 P.S.I LOVE YOU 3 PLEASE PLEASE ME 4 ASK ME WHY 5 FROM ME TO YOU 6 THANK YOU GIRL 7 SHE LOVES YOU 8 I'LL GET YOU 9 I WANT TO HOLD YOUR HAND 10 THIS BOY 11 BABY IT'S YOU
THE MARK T THE MARK T
1ケ月前にトリをお願いしたら快く応じてくれた
ところがキーボード奏者が病気で出演できなくなった
そのため以前このバンドのキーボードプレイヤーだった女性(現ジョージ役の奥様、このバンドが縁で結婚されたのでした)にお鉢が回ってきたのでした
もともと上手だったから、突然の出演依頼でもなんなくこなしてくれた
そのあたりはさすがというしかないねえ
とにかく演奏はよかったの一言に尽きる
ルーフトップコンサートを聴かせてくれた
最後のI'M DOWNではビートルズの東京公演を思い出した人は僕だけじゃあなさそうだ

演奏曲 1 AIN'T SHE AWEET 2 DON'T BOTHER ME 3 BABY IT'S YOU 4 HEY BULDOG 5 RAIN 6 DIG A PONY 7 I'VE GOT A FEELING 8 ONE AFTER 909 9 I ME MINE 10 DON'T LET ME DOWN 11 I'M DOWN (FINALE) HEY JUDE
FINALE フィナーレ
いつも思うんだけど、このコンサートを続けてきてよかったなあって
お客様やバンドのメンバーが最後に”ありがとう”と声をかけてくれるから
本当にこのコンサートはおいらのライフワークになりそうです
いつまでも続けていきたいと思ってます
今後もよろしくお願いします
最後にノリのよかったお客様、バンドの皆さん、司会の藤田さん木下さん、キャバーンのスタッフの皆さん
どうもどうも有り難うございました
次回もよろしくね!!
(FEB.23.2003)

▲EVENTSに戻る▲
トップページに戻る