EVENTS
(2003年8月24日更新)
トップページに戻る

EVENT REPORT!!
第16回ビートルズコピーバンド大会(8/24 SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

ポールはヨーロッパ公演を大成功で終了した後、インタビューに応えて”引退などしないよ、何歳になってもライブをやってると思う”と。
我々も見習わなければいけませんよねえ
本日のバンドも元気ですよ

レポートご覧ください

開演前 開演前
今年の夏は遅れてやってきた
この日も暑かった
そのせいか?直前までどこかで涼んでいたようだった
いつもすいませんねえ
暑い中やってきてくれて、外も暑かったけど、中もバンドのパワー全開で熱かったのう、、ほんま
NEMS 1 NEMS
京都からやってきた彼ら、女性のドラムスとキーボードがリズムをキープする、その上にベースとリードギターが乗っかり絶妙なサウンドをクリエートする
ポール役は随分高いキーが出る、だからOH! DARLINGも安心して聴けた、さらにGENTLY WEEPSのリードギターはリッケンの425で奏でると言うすごい行動に出た
クラプトンの音がしたのには驚きだった
どうやって出したのだろう?
不思議な世界だった
NEMS

演奏曲1HELLO GOODBYE 2 YOU LIKE ME TOO MUCH 3 OH! DARLING 4 SOMETHING 5 HERE COMES THE SUN 6 WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 7 OLD BROWN SHOE
8 BACK IN THE U.S.S.R.
THE LOOSE 2 THE LOOSE
キャバーンクラブの常連客達で結成されたバンドで、その筋ではあまりにも有名だ
今回はウチワを特注してのライブは気合が入っていた
女性のファンが大勢押しかけて黄色い歓声があちらこちらから,,,
うらやましいねえ、、ほんと
THE LOOSE

演奏曲 1 SOME OTHER GUY 2 THANK YOU GIRL 3 IF YOU GOT TROUBLE 4 AND YOUR BIRD CAN SING 5 MY BONNIE 6 DIZZY MISS LIZZY 7 HIPPY HIPPY SHAKE 8 MR.MOON LIGHT 9 TWIST AND SHOUT(ENCORE)LONG TALL SALLY
ホットチョコ 3 ホットチョコ
女性3人組のとってもかわいいバンド
とにかく楽しそうに演奏するから、見ているほうもうれしくなっちゃいます
3人だから音が薄いと嘆いてミドルの数曲は助っ人を入れての演奏だったけど、なんのなんの3人でも十分聴かせてくれた
人気沸騰する予感がしまんなあ

演奏曲 1 HELP! 2 I WANT TO HOLD YOUR HAND 3 PLEASE MR.POSTMAN 4 MONEY 5 THE NIGHT BEFORE 6 NO REPLY 7 BOYS 8 TELL ME WHY(ENCORE)PLEASE PLEASE ME
THE BARDIES 4 THE BARDIES
彼らも京都からやってきてくれた
職場の仲間同士ということだけど、とにかくおしゃべりが面白い
軽快なMCでいつしか引き込まれ、演奏も聞き入ってしまう
彼らのなせる業か
タイトな演奏は十分過ぎるエネルギーを感じたねえ
THE BARDIES

演奏曲 1 FROM ME TO YOU 2 SHE LOVES YOU 3 THIS BOY 4 CAN'T BUY ME LOVE 5 A HARD DAY'S NIGHT 6 PLEASE PLEASE ME 7 I WANNA BE YOUR MAN 8 みんないい娘
9 I SAW HER STABDING THERE
10 SLOW DOWN 11 MONEY
THE MIGHTY SHAKY'S 5 THE MIGHTY SHAKY'S
前回は随分人気を博した彼女たち
ただしベースがトラだったので、今回はオリジナルメンバーが勢ぞろいした
やっぱり女性ばかりのほうがノルよねえ
いつもどおりのパワフルな演奏は彼女たちの姿からは想像が出来ないほどだ
ビートルズのデビュー前をやってくれた、この頃のビートルズってほんとにロックバンドだって感じるねえ
彼女たちもまぎれもなくロックバンドだ!!

演奏曲 1 LUCILLE 2 I WANNA BE YOUR MAN 3 HOW DO YOU DO IT 4 PLEASE MR.POSTMAN 5 KEEP YOUR HANDS OFF MY BABY 6 THAT'LL BE THE DAY 7 CLARABERA 8 I'M GONNA SIT RIGHT DOWN AND CRY 9 SHOUT 10 TWIST & SHOUT
(ENCORE) NOTHIN' SHAKIN'
THE BECAUSE 6 THE BECAUSE
加古川市内を中心にチャリティコンサートを行なっていると言う近頃珍しい誠実なバンド
まじめそのものの演奏するのかと思いきや、まったく的中しなかった
暴れる暴れる、すごいノリで演奏する
そのギャップに翻弄される観客
とにかくグイグイ引っ張ってくれる
ほんと近頃珍しいドライブするバンドだった

演奏曲 1 HELLO GOODBYE 2 HEY BULLDOG 3 REVOLUTION 4 BACK IN THE U.S.S.R. 5 DEAR PRUDENCE 6 GLASS ONION 7 COME TOGETHER 8 SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND
9 THE END
REMEMBER 7 REMEMBER
いつかはトリをとってもらおうと考えていた
ただメンバーがのんべえだと言うのを知っていたので、最後まで大丈夫か?酔っ払ってしまわないかが心配だったけど、それは考えすぎだった
乱れず演奏してくれた、最後は酔っていてもしっかりアビーロードのアルバムを仕上げてくれた
しかし3声のあの難しいBECAUSEをやるとは恐れ入りました、正気だったんだろうか?!
いやはやお見事!!
REMEMBER

演奏曲 1 COME TOGETHER 2 SOMETHING 3 MAXWELL'S SILVER HAMMER 4 HERE COMES THE SUN 5 BECAUSE 6 OCTOPUS'S GARDEN (FINALE) HEY JUDE
フィナーレ フィナーレ
あっという間にもう最後のHEY JUDEをみんなで歌おうの時間がやってきました
7バンドも出演してのコンサートだけれど、何度やってもあきないねえ
それだけビートルズの曲は良く出来てるんだねえ
バンドもゴキゲンだったし、ほんと楽しかった
最後まで見てくださったお客様、バンドのみなさん、司会の木下さん(一人で大変だったねえ)、キャバーンのスタッフの皆さん、どうもどうも有り難うございました。今後ともよろしくお願いします(AUG.24.2003)

▲EVENTSに戻る▲
トップページに戻る