EVENTS
(2005年12月4日更新)
トップページに戻る


EVENT REPORT!!
第2回ジョン&ジョージ追悼コンサート(12/4SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

ジョンとジョージの追悼ということで今回は京都、神戸、地元大阪から有名なバンドが集ってくれた
ジョンとジョージにゆかりのある曲をバンドの演奏で改めて聴くと素晴らしい曲ばかりですねえ
彼らを思い出し泣けちゃって大変でした
バンドの皆さんと共にジョンとジョージを偲ぶ事が出来、お客様も大感激
とても素敵な時間が持てました
レポートご覧ください

開演前 開演前
我々が開くコンサートはいつも快晴で、でもこの日は違ってた
朝から冷たい雨が、、、
足元の悪い中、それでもたくさんのお客様に来ていただき恐縮です
それだけジョンとジョージには思い入れがあると言うことでしょう、大変光栄に思えました
THE BEAT BIRDS 1 THE BEAT BIRDS
新生ビートバーズの2回目のステージだ(前回は20回目のビートルズコピーバンド大会)
とにかくノリのいい曲のオンパレードでうれしくなっちゃいますねえ
いつも感心するのはあの難しいTELL ME WHYの三声をいとも簡単にやってのけるところだ
いやはや感心感心!!

演奏曲 1 TWIST & SHOUT 2 PLEASE MR.POSTMAN 3 DO YOU WANT TO KNOW A SECRET 4 YOU'VE REALLY GOT A HOLD ON ME 5 DEVIL IN HER HEART 6 IF I FELL 7 BAD BOY 8 TELL ME WHY 9 ANY TIME AT ALL
THE BEAT NOISE 2 THE BEAT NOISE
いつも初期やBBC当たりがお得意の彼らだか今回はキーボードの女性を連れてきた
曲も中後期とはじめて聞かせてくれるものばかりだった
しかし彼女は上手だったねえ、聴かせどころを心得ていて、的確に音を挿入する
さらにノリのいいドラムスのリズムがからみ大変躍動しましたなあ

演奏曲 1 IMAGINE 2 IF I NEEDED SOMEONE 3 IN MY LIFE 4 DAY TRIPPER 5 LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS 6 DON'T LET ME DOWN 7 OCTOPUS'S GARDEN 8 WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS
HIPSS 3 HIPSS
アルバムアビーロードのB面制覇を試みた彼ら
これはどのバンドも挑戦するがなかなか難しい
とにかくキーボードがしっかりしてないと無理だ
でも彼らは違った
まさにレコード通りのキーボードを再現する、永遠続くリードギターとともにいい味出してましたねえ

演奏曲 1 YOU NEVER GIVE ME YOUR MONEY 2 SUN KING 3 MEAN MR.MUSTERD 4 POLYTHENE PAM 5 SHE CAME IN THROUGH THE BATHROOM WINDOW 6 GOLDEN SLUMBERS 7 CARRY THAT WEIGHT 8 THE END 9 SAVOY TRUFFLE
REMEMBER 4 REMEMBER
ジョージの曲が多いので有名なバンドが彼らだ
しかし今回はジョンが頑張った
さらにドラムスが恐ろしくパワフルだった
もう何年も彼らの演奏を聴いているのに、今回は気合が入ってた
特にINSTANT KARMAは驚きのバチさばき
いやはや感動しましたなあ

演奏曲 1 I'M HAPPY JUST DANCE WITH YOU 2 IT'S ONLY LOVE 3 YOU LIKE ME TOO MUCH 4 GIRL 5 STARTING OVER 6 BEWARE OF DARKNESS 7 INSTANT KARMA 8 BANGLA DESH
THE BEATGALES 5 THE BEATGALES
バンドには色々こだわりが見え隠れするものだが、このバンドはギター、ルックス、歌い方、さらに動きやシャウトの仕方までビートルズを丁寧にコピーしてた
各パートごとにこだわりが見えてニヤッとしてしまう箇所の多いこと
いやはやびっくりしましたなあ
京都にこんなすごいバンドがいたなんて驚いちゃいました

演奏曲 1 TWIST & SHOUT 2 DEVIL IN HER HEART 3 EIGHT DAYS A WEEK 4 THIS BOY 5 ACT NATURALLY 6 TILL THERE WAS YOU 7 I SAW HER STANDING THERE 8 ROLL OVER BEETHOVEN 9 ONE AFTER 909 10 BIRTHDAY(W/MC)
THE BLUE JAYS 6 THE BLUE JAYS
いつも彼らは選曲で趣向をこらして我々を楽しませてくれる
今回はあのCONCERT FOR GEORGEでポールがやったSOMETHINGを持ってきた
最初はウクレレでそれからリズムが入り最後は全員で歌い上げる
こういうすばらしい演出においらは弱いねえ
泣けちゃって泣けちゃって、お客様もジーンと来てましたねえ

演奏曲 1 STARTING OVER 2 MY SWEET LORD 3 SOMETHING (CONCERT FOR GEORGE VIRSION) 4 I WANT TO TELL YOU 5 SAVOY TRUFFLE 6 DON7T LET ME DOWN 7 SHE SAID SHE SAID 8 ROLL OVER BEETHOVEN 9 SHE LOVES YOU
THE BTRICKS 7 THE BTRICKS
このバンドも京都からやって来てくれた
リハーサルのときはちょっと寡黙で大丈夫かと思ったけど、それが手だと言うことが後で分かった
本番での彼らのステージはとっても楽しいものだった
まあ3枚目におどけてMCをするジョン
金髪のヘアーピースで笑いを取るジョージ
すごいハイトーンのでるポール、とっても可愛いリンゴー
まさに楽しませてくれた
エンターテイメント賞を送りたいほどだった

演奏曲 1 IT WON'T BE LONG 2 SOLDIER OF LOVE 3 DEVIL IN HER HEART 4 NOWHERE MAN 5 ASK ME WHY 6 ALL MY LOVING 7 PLEASE PLEASE ME 8 みんないい娘 9 SLOW DOWN 10 SHE LOVES YOU
THE BEAT BUSTERS 8 THE BEAT BUSTERS
このバンドはクイズを出してその曲を観客に当てさせるという異色なスタイルでステージを進行させる
観客が質問に答えた曲をリクエストありがとうと言ってやってのけるところはさすが大阪!!吉本のノリである
ついつい引き込まれるお客さん達
そのせいか笑いのうちに全ての曲が終わってしまってた
手品みたいだった

演奏曲 1 IT WON'T BE LONG 2 ALL MY LOVING 3 PLEASE PLEASE ME 4 I WANT TO HOLD YOUR HAND 5 SHE LOVES YOU 6 ROCK AND ROLL MUSIC 7 MONEY 8 CAN'T BUY ME LOVE 9 HELP! 10 DON'T LET ME DOWN
P.S.I LOVE YOU 8 P.S.I LOVE YOU
京都の老舗バンドと言えば彼らのことだ
男性二人に女性三人という異色な組み合わせだがしっかりビートルズに聴こえるのはバンドリーダーの指揮がいいからか?!
今回はジョンとジョージのしっとり来る曲で我々を感動させてくれた

応援団か?!彼らに声援を送る
すさまじいまでの声援とバックコーラスをお客様が全員でとるというマックのコンサートでははじめての光景!!
いやはやこんなすごいラストのステージは見た事がない
もうノリにのって会場内は興奮さめやらずと言う感じだった
すごかったねえ
THE BEATGALES, THE BTRICKSともども京都勢!!おそるべし!!

演奏曲 1 RUN FOR YOUR LIFE 2 I'M HAPPY JUST TO DANCE WITH YOU 3 EIGHT DAYS A WEEK 4 FOOL ON THE HILL 5 YOUR MOTHER SHOULD KNOW 6 OH MY LOVE 7 WOMAN 8 DEAR PRUDENCE 9 DON'T LET ME DOWN
フィナーレ フィナーレ
ジョンとジョージにゆかりのある曲と言えば色々あるが前回同様TWIST&SHOUTを最後に全員で歌って終わった
京都大阪神戸、三都物語りよろしく各バンドがステージに集まっての合唱はとても迫力あった
バンドのみんなも仲良くって、お客様も応援してくれて、ほんと最高のコンサートとなりました
どうもどうも有り難うございました
また来年もやりますからね
よろしくお願いします
最後に司会の藤田さん木下さん、どうもご苦労さまでした
キャバーンのスタッフの皆さんありがとうございました
今後ともよろしくお願いいたします(DEC.4.2005)

▲EVENTSに戻る▲
トップページに戻る