EVENTS
トップページに戻る


EVENT REPORT!!
第25回ビートルズコピーバンド大会(2/24SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

最近はどの地でもおやじバンドコンテストなるものが流行してて、昔とった杵柄よろしく、ギターを再度弾き出すおやじも増えた
今回もそのコンテストで優勝を果たしたバンドがやってきた
30分のステージを全力で演奏する姿は崇高ですねえ
まだまだおやじ頑張ってるなあと感心したりして
レポートご覧ください

開演前 開演前
この日は寒かった
毎年温暖化の影響で、ここ大阪も過ごしやすい冬が続いたが、今日ばかりは寒かったねえ
バンドの皆さんは手がかじかまないようポケットに手を入れたり、ホッカイロで手をもんだり
プレイヤーだねえと感心しましたなあ
THE GARAPES 1 THE GRAPES
短期間でよくぞここまで実力をつけたなあと感心することしきり!!
とにかくリズムがしっかりしてるし、ギターもベースもうまくのっかる
ヴォーカルもシャウトしてるし、ハーモニーもいい
最後はお子さんをステージに上げてのファミリーサウンドを楽しませてくれた
よかったよかった
演奏曲 1 THERE'S A PLACE 2 ANNA 3 DO YOU WANT TO KNOW A SECRET 4 BABY IT'S YOU 5 I'LL FOLLOW THE SUN 6 MR.MOON LIGHT 7 TICKET TO RIDE 8 TELL ME WHY 9 A HARD DAY'S NIGHT (ENCORE)ANY TIME AT ALL
The Greenapple 2 The Greenapple
演奏しているよりしゃべっている方が長いと面白いことを言う彼ら
つかみはばっちりで、ぐいぐい引っ張る彼ら
演奏はしっかりしてましたねえ
ポールも高いキーが出てて、IF I FELLは絶妙だったねえ
久しぶりのルーキー登場という感じですねえ
演奏曲 1 I'LL GET YOU 2 ANNA 3 ALL MY LOVING 4 EVERYBODY'S TRYING TO BE MY BABY 5 SHE'S A WOMAN 6 YOU CAN'T DO THAT 7 DEVIL IN HER HEART 8 IF I FELL 9 A HARD DAY'S NIGHT (ENCORE)I SAW HER STANDING THERE
REMEMBER 3 REMEMBER
毎回丸ごとアルバム全部を披露してくれる彼ら
今回はA HARD DAY'S NIGHTのアルバムを演奏してくれた
久しぶりに12弦を持ってきたジョージ、やはり12弦は違いますねえ、エフェクターで間に合わせる人の多い中、リッケンの12弦でしか出せない音を大切にしてるのが良く分かりますねえ、こだわる姿勢もいいですねえ
演奏曲 1 A HARD DAY'S NIGHT 2 I SHOULD HAVE KNOWN BETTER 3 IF I FELL 4 I'M HAPPY JUST TO DANCE WITH YOU 5 TELL ME WHY 6 CAN'T BUY ME LOVE 7 ANY TIME AT ALL 8 THINGS WE SAID TODAY 9 I'LL BE BACK (ENCORE)IF I NEEDED SOMEONE
THE BEATKIDZ 4 THE BEATKIDZ
ベースがジョンのパートを、リズムギターがポールのパートを歌うので、最初はすごく違和感があったけど、途中からは全く意識しなくなった
彼らはうまい!!
おやじバンドコンテストで優勝しただけあって、すごくノリがいい!!
ドラムが歌ってる
ヴォーカルも腹から出てるし、動きもビートルズのようだった
いやはやまいった
演奏曲 1 I WANT TO HOLD YOUR HAND 2 SHE LOVES YOU 3 THIS BOY 4 WHAT YOU'RE DOING 5 BABY'S IN BLACK 6 I WANNA BE YOUR MAN 7 HELP! 8 TICKET TO RIDE 9 CAN'T BUY ME LOVE (ENCORE)I'M DOWN
THE JATLES 5 THE JATLES
専属の司会者がやってくるバンドとして有名になった彼ら
今回も楽しくアナウンス
演奏の方も楽しくのれる曲を持ってきた
圧巻はサックスも登場してのOB-LA-DI,OB-LA-DAだった
この曲はステージでやると受けないことが多いんだが、みんなやんややんやの喝采だったねえ
いやはや楽しかった
演奏曲 1 I SAW HER STANDING THERE 2 ROLL OVER BEETHOVEN 3 DON'T LET ME DOWN 4 SLOW DOWN 5 OCTOPUS'S GARDEN 6 LET IT BE 7 OB-LA-DI,OB-LA-DA (ENCORE)TWIST AND SHOUT
TEA BREAK 6 TEA BREAK
ギター2本にウッドベースとキーボードという編成のバンドだった
ビートルズのアコースティックな曲を彼らなりにアレンジ、特にウッドベースが異彩を放ってた
JAZZベースのようであり、アルコ(弓)を使ってはオーケストラのようにうまくアレンジしてたねえ
きれいだったねえ
癒されましたねえ
演奏曲 1 TWO OF US 2 TILL THERE WAS YOU 3 ELEANOR RIGBY 4 SHE'S LEAVING HOME 5 HONEY PIE 6 RIGGIES 7 MARTHA MY DEAR 8 LADY MADONNA (ENCORE)AND I LOVE HER
GRDm 7 GRDm
THE DOWNSをベースにあちこちから集まっての特別なバンドだった
それぞれが得意な曲を演奏するから、寄せ集めの感じがしない
昔では考えられないビートルズをセッション感覚でやってしまう
時代は変わりましたなあ
演奏曲 1 TWIST AND SHOUT 2 THE HIPPY HIPPY SHAKE 3 みんないい娘 4 NOWHERE MAN 5 I WAMMA BE YOUR MAN 6 すてきなダンス 7 I SAW HER STANDING THERE 8 ROOLL OVER BEETHOVEN 9 BIRTHDAY 10 I'M DOWN (ENCORE)BAD BOY
FLYING HORSES ARTNEY 8 FLYING HORSES ARTNEY
2つのバンドが合体しての演奏は、それはそれは深いものでした
FLYING HORSES は世界的に有名なWINGSのコピーバンドだ、それにARTNEYのドラムスとキーボードが入れば、もう鬼に金棒状態
ステージはすごく楽しくって
未だかつてどのバンドもやったことが無いYOU KNOW MY NAME(LOOK UP THE NUMBER)をやってくれた
最高にのりましたねえ
JASHのJOHNをまねた咳払いに抱腹絶倒
めっちゃうけてたねえ
後にも先にもこんなステージは見れないだろうねえ
感動したー
演奏曲 1 WHAT IS LIFE 2 ANOTHER DAY 3 NO MORE LONELY NIGHT 4 YOU KNOW MY NAME(LOOK UP THE NUMBER) 5 I AM THE WALRUS 6 MY LOVE 7 JET (ENCORE) WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS
フィナーレ フィナーレ
最後は恒例のHEY JUDEだ
このバンドのキーボード奏者のビリーはアマチュアと言えど、相当上手だから、ポールが弾いてるのかと思うほどそっくりだった
エンディングのナナナーナーでは最近のポールよろしく、男だけー、女だけー、皆んな一緒にーを演出してくれた
いやはや楽しかったねえ
うれしいですねえ最高のフィナーレとなりました
最後まで見てくれたお客様、いつもありがとうございます
バンドの皆さんもお疲れ様でした
司会の藤田さん、木下さんご苦労様でした
キャバーンのスタッフの皆さんありがとう
次回は6月ポールバースディパーティでお会いしましょう(FEB,24,2008)


▲EVENTSに戻る▲
トップページに戻る