EVENTS
トップページに戻る

EVENT REPORT!!
第27回ビートルズコピーバンド大会(2/22SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

突然の急用で主催のマック夫婦が会場を出たり入ったりで大変ご迷惑をおかけしました
写真や録音を司会者にお願いし、事なきを得ました
どうもすいませんでしたねえ
帰ってからビデオを見ると、皆んな普段どおりのノリで演奏してくれてました
主催者いない方がのびのびやってるように見えたのは気のせい?!
レポートご覧ください

MR.ジングルス 1 MR.ジングルス
京都からやってきた彼ら、ドラマーがメインヴォーカルという異色中の異色バンドだ
以前マンスリーライブでその歌唱力は十分理解できていたが、今回もさらに納得したねえ
今回のステージはビートルズがカバーした曲ばかりで構成されていた
こういう選曲も楽しいねえ、初期のビートルズの嗜好が手に取るように分かるもんねえ
演奏曲 1 EVERYBODY'S TRYING TO BE MY BABY 2 DEVIL IN HER HEART 3 YOU REALLY GOT A HOLD ON ME 4 MONEY 5 BABY IT'S YOU 6 TILL THERE WAS YOU 7 ROLL OVER BEETHOVEN 8 MATCH BOX 9 ROCK'N ROLL MUSIC 10 SLOW DOWN (ENCORE)BAD BOY〜I SAW HER STANDING THERE
THE ROOFTOPS 2 THE ROOFTOPS
徳島からやってきた四人組、以前はTHE BEATLESSの名前で出てくれたことがあったけど、今回はバンド名も新たに、スーツまでこさえてやってきたのには脱帽するねえ
ポール役はレフティで、恐ろしく高いキーが出る、まさにポールという感じでしたねえ
さらにMCも面白くって、ここキャバーンクラブのハウスバンドのJOHNが教え子だったと言う話、笑らけたねえ、いやはや楽しいバンドでした
演奏曲 1 HELP! 2 SHE'S A WOMAN 3 BABY'S IN BLACK 4 恋のアドバイス 5 IT WON'T BE LONG 6 IF I FELL 7 IF I NEEDED SOMEONE 8 I WANNA BE YOUR MAN 9 AND YOUR BIRD CAN SING 10 ONE AFTER 909 11 LONG TALL SALLY (ENCORE)NOWHERE MAN
REMEMBER 3 REMEMBER
ご存知リメンバー
今回は彼らが選んだ初期の曲、と言うことでゴキゲンなナンバーを取り揃えてくれた
マイナーな曲が多かったけど、どれも皆難しい曲ばかりだ、でも彼らは平気な顔でやってのける、そこがすごい
人気があるからアンコールを3曲もやってくれた
お客さんも大喜び
声援もひときわ多かったねえ
演奏曲 1 WHEN I GET HOME 2 NOT A SECOND TIME 3 THE NIGHT BEFORE 4 ALL I'VE GOT TO DO 5 DON'T BOTHER ME 6 HONEY DON'T 7 THERE'S PLACE 8 DO YOU WANT TO KNOW A SECRET? 9 EVERY LITTLE THING 10 THINGS WE SAID TODAY 11 YOU LIKE ME TOO MUCH 12 I DON'T WANT TO SPOIL THE PARTY (ENCORE)IT WON'T BE LONG〜TWIST& SHOUT〜ROLL OVER BEETHOVEN
THE BEAGLES 4 THE BEAGLES
岡山からの2回目のステージだ
すごくいい雰囲気を持つ彼ら、サウンドもバッチリですねえ
今回は初期、中期、後期とまんべんなくやってくれた、さらにJOHNのソロの曲まで、歌い上げたって感じですねえ
このバンドはヴォーカルよし、ハーモニーよしで、さらにドラマーが張り切る、JAZZ風のスティックの握りで、左手にアクセントがあるからリンゴーの音になる、だから聴いてる方は自然と躍動する
キーボードのブルージーな音使いもいいねえ
うまくのせてくれました
演奏曲 1 NO REPLY 2 HELP! 3 MICHELLE 4 I FEEL FINE 5 DEVIL IN HER HEART 6 STARTING OVER 7 LET IT BE 8 GET BACK 9 TWIST AND SHOUT (ENCORE)I SAW HER STANDING THERE〜HEY BULLDOG
THE BEAGLES 5 THE GRAPES
リハーサルの時にいつものメンバーがいなく、オリジナルメンバーはベースのどりーだけという、他はトラを集めてきたというので心配したが、なんとか連続出演をキープしたようだ
どうしてもこの大不況でバンドのメンバーが欠けてしまうのは仕方の無いことだが、キャンセルしないで、出演すると言うその意気込みをおいらは買いたいねえ
普通メンバーが足りないと、すぐにキャンセルを言ってくるバンドの多い中、天晴れである
さてさてサウンドはいつもと同じ感じでタイトだった
これからも連続出演してくれるよう期待してまっせ!! 演奏曲 1 IT WON'T BE LONG 2 I SHOULD HAVE KNOWN BETTER 3 CAN'T BUY ME LOVE 4 IT'S ONLY LOVE 5 NO REPLY 6 ANNA 7 PLEASE MR.POSTMAN 8 TELL ME WHY 9 THERE'S PLACE (ENCORE) ROCK'N ROLL MUSIC〜ROLL OVER BEETHOVEN
THE BLUE JAYS 6 THE BLUE JAYS
いつも選曲に凝る彼らが今回選んできたのは、ド初期!!
ド初期と言ってもデビュー前のビートルズと言ったほうがいいかも?!
リバプールはキャバーンクラブでビートルズが演奏していたであろう雰囲気を再現してくれた
いやはやすごいですねえ、めっちゃノリますねえ、ストレートなロック、ガンガンでしたねえ
こういう曲を聴かされると、やはりビートルズはロックバンドなんだと思いますねえ、さらに感じるのは、すべてジョンのビートにポールもジョージもリンゴーも乗っかってるって感じがしますねえ
ジョンのビート、恐るべし!!
演奏曲 1 SOME OTHER GUY 2 MATCH BOX 3 HOW DO YOU DO IT? 4 A TAST OF HONEY 5 TAKE GOOD CARE OF MY BABY 6 BESAME MUCHO 7 ASK ME WHY 8 LIKE A DREAMERS DO 9 TO KNOW HER IS TO LOVE HER 10 THE SHIEK OF ARABY 11 MY BONNIE 12 AIN'T SHE SWEET (ENCORE) PLEASE PLEASE ME
フィナーレ フィナーレ
最後は皆んな一緒に歌おうのコーナーです、もちろん曲は"HEY JUDE"だ
THE BLUE JAYSの演奏で出演バンドがステージに上がり、ナナナーナーナナナーナーの合唱
うれしいですねえ、楽しいですねえ、バンドもお客様も一体になっての大合唱は素晴らしいの一言ですねえ
主催者がバタバタしていても、コンサートは順調に進んでいく
お客様、バンドの皆さん、どうもどうもありがとうございました
司会の藤田さん、木下さんご苦労様でした、写真も撮ってもらい感謝してます
キャバーンのスタッフの皆さんありがとう
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします(FEB,22,2009)


▲EVENTSに戻る▲
トップページに戻る