EVENTS
トップページに戻る


EVENT REPORT!!
第28回ビートルズコピーバンド大会(2/28SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

バンクーバーオリンピックは楽しく見せていただいた
特にカーリングはハラハラ、ドキドキで見ごたえがあった
この競技は45年前にビートルズの映画"HELP!"を見て知っていた、あの時に日本人がこのスポーツをやって、世界を相手に戦うなんて、想像だにしなかったねえ
あの頃は中学生で、映画の挿入歌をレコードが擦り切れるほど聴いてコピーしたもんだった、今考えるとひどいコピーだったなあと思う、そう考えると、今やどうだ、この大会に出演するバンドは忠実にコピーしては我々に披露する
驚きを通り越して尊敬しちゃいますねえ
スポーツもコピーも進化し続けてるんだよねえ、いやはや素晴らしい!!
レポートご覧ください

開演前 開演前
ここ数年の入場者を見ていると若い人が増えてきたように思う
特に女性が多くなった、大変歓迎な事だ
昔はビートルズが好きと言うだけで不良のレッテルを貼られたもんだけど、あれってどんな時代だったんでしょうねえ、今考えるとめちゃくちゃでんがな
いい時代になったなあとつくづく思いますねえ
THE GRAPES 1 THE GRAPES
女性のジョージもすっかりこのバンドに溶け込み、しっくりしてきましたなあ
サウンドもタイトになってきましたねえ、いいですねえ、動きもあって、あっという間に1ステージ終わってしまいますねえ
お子さん達が入ってのファミリーサウンドも実に雰囲気があって楽しいですねえ、しかし子供の成長はびっくりしますねえ、見るたんびに大きくなってるもんねえ

色の変わってる曲をクリックするとYOUTUBEに飛びます
演奏曲 1 BACK IN THE U.S.S.R. 2 YOU REALLY GOTTA HOLD ON ME 3 THERE'S A PLACE 4 DEVIL IN HER HEART 5 ALL I GOT TO DO 6 THE NIGHT BEFORE 7 ANYTIME AT ALL 8 YOU CAN'T DO THAT 9 DON'T BOTHER ME 10 MR.MOON LIGHT (ENCORE)PLEASE MR.POSTMAN
THE FINES 2 THE FINES
初出演の彼ら
以前からマックの上得意でもある彼ら、ギターを買ってもらうたびにこの大会へ出演しないかとラブコールを送っていたら、今回やっとOKの返事をもらえた
練習の様子や音を聞かせてもらい十分過ぎるほどの感じを得た
新しいビートルズコピーバンドとしてこの大会の仲間入りと言ったところか?!
これからも期待できそうだ!!
演奏曲 1 PLEASE PLEASE ME 2 BABY IT'S YOU 3 ASK ME WHY 4 ALL MY LOVING 5 P.S.I LOVE YOU 6 I'M HAPPY JUST TO DANCE WITH YOU 7 IF I FELL 8 I DON'T WANT TO SPOIL THE PARTY 9 NO REPLY 10 SHE LOVES YOU (ENCORE) HELP!
REMEMBER 3 REMEMBER
今回はデビュー前を持ってきた、選曲の良さもさることながら、のりますねえ
デビュー前はジョンのリズムに後の3人がおんぶに抱っこの感がしますねえ、だからタイトでストレートなリズムで音が流れる
エネルギッシュな演奏にヴォーカル、キャバーンクラブのビートルズを見ているようだったねえ
演奏曲 1 AIN'T SHE SWEET 2 CRY FOR A SHADOW 3 TAKE GOOD CARE OF MY BABY 4 BESAME MUCHO 5 ASK ME WHY 6 CHAINS 7 P.S.I LOVE YOU 8 MATCHBOX 9 CRYING WAITING HOPING 10 HOW DO YOU DO IT 11 SOLDIER OF LOVE (ENCORE) ROLL OVER BEETHOVEN
BACK BEAT 4 BACK BEAT
いつもはジミヘンやクリームを演奏し、暴れまわる彼らだが、今回はここキャバーンクラブだからおとなしめ
このバンドのベーシストがビートルズファンだから、うまく誘われての出演と相成った
しかしジミヘンやクラプトンもビートルズが好きだったから、違和感はなかったねえ
演奏曲 1 REVOLUTION 2 GLASS ONION 3 RAIN 4 I WANT YOU 5 WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 6 COME TOGETHER 7 ALL TOGETHER NOW
THE MEETS 5 THE MEETS
岡山からやってきた彼ら、メンバーが少し替わったからバンド名も変えての出演となった
このバンドのドラムスがすごい、とにかく強弱つけてのJAZZっぽいドラムが演奏を盛り上げる
ジョンはジャンボ1本で通す、雰囲気ありまんなあ
キーボードの女の子はトラだと言ってたけど、なんのなんのうまく弾いてたねえ、"IN MY LIFE"是非聴いてみてください
演奏曲 1 HELLO GOODBYE 2 I DON'T WANT TO SPOIL THE PARTY 3 EVERY LITTLE THING 4 EIGHT DAYS A WEEK 5 YOU'RE GOING TO LOOSE THAT GIRL 6 IN MY LIFE 7 SOMETHING 8 BACK IN THE U.S.S.R. 9 SLOW DOWN (ENCORE) SHE LOVES YOU
THE BEAT FLAT 6 THE BEAT FLAT
親子バンドですねえ、楽しいMCは観客を魅了しますねえ、いつ考え付くんでしょうかねえ、駄洒落満載の曲紹介
知らず知らずに引き込まれるMCのテクニックは最高やおまへんか
もちろんサウンドもゴキゲンだ
彼らがいるだけで会場は大賑わいとなる
是非次回も参加して欲しいと望む
演奏曲 1 PLEASE PLEASE ME 2 I WANT TO HOLD YOUR HAND 3 A HARD DAY'S NIGHT 4 パーティはそのままに 5 EIGHT DAYS A WEEK 6 TICKET TO RIDE 7 SOMETHING 8 DON'T LET ME DOWN (ENCORE)TWIST AND SHOUT
THE BLUE JAYS 7 THE BLUE JAYS
いつも趣向を凝らしてやってくる彼ら、今回はフューチャリング12弦ということで、リッケンバッカーの360と325の12弦を持ってきた
おっと!この大会も28回目となるがジョンが12弦を持ってきたのは初めてだ、どんなサウンドになるのか興味津々だった
音は倍音が効いて、すごく広がる、100%リッケンバッカーサウンドを聴かせて貰ったって感じですねえ、動画見てみてくださいな
演奏曲 1 A HARD DAY'S NIGHT 2 I SHOUD HAVE KNOWN BETTER 3 IF I FELL 4 MATCHBOX 5 CAN'T BUY ME LOVE 6 ANYTIME AT ALL 7 IF I NEEDED SOMEONE 8,9I CALL YOUR NAME〜YOU CAN'T DO THAT 10 TICKET TO RIDE (ENCORE) ROLL OVER BEETHOVEN
GENTLY WEEPS 8 GENTLY WEEPS
今回はトリを取って貰った
マック主催のイベントに数回参加してもらったけど、十分トリを取って貰えるにふさわしい実力を短時間でクリアしたのには驚きだ!!
彼らはステージの流れがいいんですよねえ、シャープに決めてくる、ヴォーカルもしっかりしてるし、なによりバンドのメンバーの仲がいい
ビートルズを楽しんでるなあっていうのが伝わってくるんですよねえ
演奏曲 1 WE CAN WORK IT OUT 2 THE NIGHT BEFORE 3 DON'T LET ME DOWN 4 TILL THERE WAS YOU 5 SOMETHING 6 COME TOGETHER 7 HELLO GOODBYE 8 I SAW HER STANDING THERE (ENCORE) TWIST AND SHOUT
フィナーレ フィナーレ
もう恒例となったフィナーレの"HEY JUDE"
ジュリアンを見てこの曲を書いたとポールが言っていたけど、世界中の子供たち、いや大人にも通じる励ましの曲、エンディングのナナナナーで皆んながひとつになる、うーーーん最高ですよねえ
どうもどうもありがとうございます、最後まで見ていただいたお客様、そしてバンドの皆さん、いつも感謝しております
司会木下さん、一人でよーやる、ご苦労様でした
キャバーンのスタッフの皆さんありがとう
次回は6月のポールバースディパーティでお会いしましょう、ごきげんよう、さようなら(FEB,28,2010)


▲EVENTSに戻る▲
トップページに戻る