EVENTS
(1999年8月29日更新)
トップページに戻る

EVENT REPORT!!
大盛況!!第9回 THE BEATLES COPY BAND CONCERT (8/29 SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

この大会も早や9回目を迎える事が出来ました。今回もすごいバンドがズラリ!!とにかく大ノリ!!最後の最後までわきました。浪速の底力か?!リポートご覧ください

開演前 開演前
この日はたいへん暑かった。にもかかわらず良い席を取るため朝9時から並んでくれた女の子がいました。(よー死なんでよかったなあ)
とにかく暑い中1時間前にはビッシリと数珠ツナギ。ホント申し訳ありませんねえ。
とにかくキャバーンの中は身動きのとれない位大入り満員。キャバーンのスタッフももう慣れたのかこのこみようでも、グラスやおさらを下げるのがとってもうまくさすがプロでごじゃるのうとヘンに感心したりして
THE PEADLES 1 THE PEADLES
マックの店長のバンド"THE BEAGLES"に所属していたJOHNだからその実力は良く知っていた。ポールはレフティで高い声が難なくでる。こうなれば相当レベルは高いと想像していたがやはりそうだった。
"I'VE GOT A FEELING"や"DON'T LET ME DOWN"などルーフトップそのままを再現してくれた。
ジョージはマックで買ったマジカルストラトを気持ちよく弾いて"SOMETHING"を歌う。キーボードの女の子も可愛かったし,リンゴーもオクトパスをゴキゲンなノリで歌う。
このバンド将来が実に楽しみだ。こだわりのビートルズコピーバンドの代表みたいなものでした。実にうまかったと言っておきましょう。
演奏曲1ONE AFTER 909 2 I'VE GOT A FEELING 3 DON'T LET ME DOWN 4 OCTOPUS'S GARDEN 5 SOMETHING
APPLE 2 APPLE
とっても若い人たちが演奏するビートルズはいつも思うが、ビートのしっかりした曲が多い。
こもバンドもしかり,"REVOLUTION"や"BIRTHDAY"をその若さでグイグイ引っ張る。声のツヤが違うよねえ。(老兵は去るのみか?  ウェーン,そんなこと言わんといてくでー)とにかく全般を通してさわやかさわやか
でもエフェクターの故障は大きかったよねえ,しかし動揺せずステージをつとめたのは、なかなか若いのにエライ!!とワシは思ったのじゃ。
演奏曲 1 BIRTHDAY 2 REVOLUTION 3 HAPPINESS IS A WARM GUN 4 NO REPLY 5 EIGHT DAYS A WEEK 6 I'LL GET YOU 7 TWIST AND SHOUT
THE BEATLESS 3 THE BEATLESS
四国は徳島からやってきた4人組。ルックスも東京公演をコピーしてブラックに赤のシャツと言う入れ込みよう。
腕の方はと言うと,とにかくポールが歌い方といい。身のこなしといい,ポールそのものでした。(よっぽど好きなのね,目線までポールと同じ)
個人賞を与えるなら文句なく彼にあげたでしょう。
ジョージの"IN MY LIFE"のギターソロもおみごと!!(すごい拍手だった)
ジョンは終始J-160Eを離ずサウンドを大切にしてた。
田舎からやってきたとコメントしていたが,なんのなんのどこに出しても恥ずかしくないそんなバンドでした。あっぱれ!!あっぱれ!!
演奏曲 1 A HARD DAY'S NIGHT 2 THING WE SAID TODAY 3 BABY'S IN BLACK 4 IF I FELL 5 THIS BOY 6 IN MY LIFE 7 CAN'T BUY ME LOVE 8 HELP! 9 NOWHEREMAN (ENCORE) SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (PAUL'S LIVE VIRSION)
ビビットルズ 4 ザ ビビットルズ
リアルタイムで聴いてきたバンドにとって一番気がかりなのは、声がでない,ビートが甘いと言う点である。それをクリアーするのは並大抵のことではない。でもこのバンド,よっぽど練習してきたのだろう,若い人たちに負けない演奏だった。
と言うより応援団がすごかった。もう歌も声も聞き取れない程の歓声と熱狂ぶりはさすがのワシもビビッタ!!(このバンドの名前はそこから来てるんとちゃう?!)
とにかくバンドのメンバーの奥さんのボヤキまで聴かされて、ホンマ中年って怖いワ
演奏曲 1 ALL MY LOVING 2 TICKET TO RIDE 3 MR.MOONLIGHT 4 ROLL OVER BEETHOVEN 5 BABY'S IN BLACK 6 NOWHEREMAN 7 SLOW DOWN 8 ONE AFTER 909
THE SCRAMBLED EGG 5 THE SCRAMBLED EGG
前のバンドのあおりをうけて,えてしてくじけそうになるところさすがこのバンドはステージ慣れしてる。
興奮さめやらぬ所に"SOME OTHER GUY"をズドンとかます。
このバンドはドラムスがすごい張り切る。しかもリズムが崩れない。そのビートにポールのベースがのっかり(彼のベースランニングはうまい)ジョージのグレッチが又音色がよく似てる(だから彼らはビートルズに聞こえる)
ジョンのボーカルはノドが大丈夫?とこちらが心配するくらいシャウトする。
そんなこんなでノリのいい曲ばかりを演奏してくれた
実に安定した演奏にはいつもの事ながら感心しました。
演奏曲1 SOME OTHER GUY 2 I'M GONNA SIT RIGHT DOWN AND CRY (OVER YOU) 3 THREE COOL CATS 4 AIN'T SHE SWEET 5 KEEP YOUR HANDS OFF MY BABY 6 MR.MOONLIGHT 7 LEAVE MY KITTEN ALONE 8 ROLL OVER BEETHOVEN 9 I SAW HER STANDING THERE 10 SLOW DOWN (ENCORE) TWIST AND SHOUT-MONEY-SHOUT!!
THE CLOVES 6 CLOVES
朝6時に起きてねむいねむいと言っていた彼ら。三重からやってきてくれた若い人たち。
前出のビビットルズの奥さんと軽妙にやりとりをしていて、そちらの方に観客が気を取られ大爆笑のウズ!!
とにかく演奏よりそっちのほうがおもろかった。大阪には色々な人がいるでしょ?あなた達もビビットルズのえげつない波にさらわれてしまったよねえ。これにくじけず次回は何があっても無視して演奏してネ!!
演奏曲 1 CAN'T BUY ME LOVE 2 IT'S ONLY LOVE 3 DON'T BOTHER ME 4 THINGS WE SAID TODAY 5 ANYTIME AT ALL 6 EVERYBODY'S TRYING TO BE MY BABY 7 IF I NEEDED SOMEONE 8 I WANNA BE YOUR MAN
THE CRY BABIES 7 THE CRY BABIES
初期、中期と発表してきた彼ら。今回は後期に重点を置いて演奏してくれた。
本当にうまくなったよねえ。トリと聞いてビックリしたと言っていたが、十分すぎる位うまくなってたよ
とにかく"FREE AS A BIRD"は良くできてた。ジョージのスライドはソックリだった。4人のコンボでこれだけ演奏できたら見事です。"YER BLUES"ものってた。JOHNのシャウト,よかった,レフティのポールも難しい"COME TOGETHER"のハモリをバッチリ決めてくれた。ドラムもしっかりしてる。
やっぱトリをとってもらってよかったよかった。感謝感謝!!
演奏曲 1 FREE AS A BIRD 2 BACK IN THE U.S.S.R. 3 COME TOGETHER 4 BIRTHDAY 5 YEH BLUES 6 I'VE GOT A FEELING 7 GET BACK (FINALE) HEY JUDE
ending フィナーレ
この大会の名物となった"HEY JUDE"をみんなで歌おうでこの会はクライマックスを迎える。
観客も最後まで残って合唱してくれる。これぞ最高のエンディング!!
リハを入れると朝11:00から6:00過ぎまで7時間!!
キャバーンの店長と高野さん,PAの彼,どうもどうも有り難うございました。次は2月です。又よろしくね!!(次回は10回目。記念大会のためスペシャルゲストを予定してます。応募はお早めに!!)
最後に司会の藤田さん,木下さん,そしてゴキゲンなお客様達。どうも有り難うございました。次回も是非よろしくお願いいたします。(AUG.29.1999)
▲EVENTSに戻る▲
トップページに戻る