EVENTS
(2013年12月8日更新)
トップページに戻る


EVENT REPORT!!
第10回ジョン&ジョージ追悼コンサート(12/8SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

ポールが11年ぶりにやってきましたねえ
ご覧になりましたか?
大阪、福岡、東京と見に行ってきました
さすがポール、3時間近く、水も一滴も飲まずのコンサートだった、モンスター丸出しでんがな、しかしタフですねえ、御年71歳ですよ、信じられませんでした
この世界では唯一感動を与えてくれるアーチストですねえ、参りました!!
本日はジョンとジョージの追悼コンサートですが、ポールの曲もやってくれるように各バンドにお願いしました
レポートご覧ください

開演前 開演前
リハーサルの時に各バンドにセットリストを提出してもらうんだけど、今回は1曲目に"EIGHT DAYS A WEEK"を持ってくるバンドが多かった
ポールのまねですね
やっぱりポール!!影響力大ですねえ
この曲といいMR.KITEといいポールがからんでいたことがだんだん分かってきましたね
P.S.I LOVE YOU 1 P.S.I LOVE YOU
京都からやってくる老舗バンドだ
今回はほとんど"RUBBER SOUL"からの曲のオンパレード、良いですねえ、このアルバムは大好きです
どの曲も上手くまとめてましたねえ、、、いやはや最高でした!!
演奏曲 1 EIGHT DAYS A WEEK 2 DRIVE MY CAR 3 NOWHERE MAN 4 GIRL 5 RUN FOR YOUR LIFE 6 NORWEIGIAN WOOD 7 WHAT'S GOES ON 8 THINK FOR YOURSELF 9 THE WORDS (ENCORE) IN MY LIFE
B-MEN 62 2 B-MEN 62
伊勢市からやってくるナイスガイ達
とにかく彼らはポールと同じくタフだ、演奏時間30分を目一杯やる、さらに自前の編曲でメドレーを作っては聴かせる
非凡なところを見せつけまんなあ
演奏曲 1 TAXMAN 2 THINK FOR YOURSELF 3 SOMETHING〜WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 4 COME TOGETHER〜POLYTHENE PAM〜YER BLUES 5 REVOLUTION 6 DON'T LET ME DOWN 7 THE END〜GET BACK〜BACK IN THE U.S.S.R. (ENCORE)MATCH BOX
前島バンド 3 前島バンド
先だって久しぶりに出演してくれた彼ら、続いて今回もやってきてくれた
しっかりしたサウンドと歌唱力が彼らの魅力だ
バンドのお知り合いが結婚すると言うので、その二人をステージに上げ、"TILL THERE WAS YOU"にのせてダンスを踊らす趣向も楽しかったねえ
演奏曲 1 MR.MOONLIGHT 2 DON'T BOTHER ME 3 TILL THERE WAS YOU 4 NOT A SECOND TIME 5 HELP! 6 SOMETHING 7 WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 8 SLOW DOWN (ENCORE)TWIST AND SHOUT
LENNON # 9 4 LENNON # 9
今回のポールのコンサートのチケットを大量に買って一儲けをたくらんだリーダー、しかし追加公演が決まってしまい、購入価格より下げての販売となったと明かしていた
ポールを商売にしたのが悪かったと反省の言葉
観客に恐ろしく受けてましたねえ
さてさて演奏の方は素晴らしかったねえ、タブ譜も出ていない曲をよくぞそこまでコピーするかという感じだった
マニアックな曲で魅了してくれました
演奏曲 1 DRIVING RAIN 2 I DON'T WANNA FACE IT 3 I WANT TO TELL YOU 4 OH DARLING 5 NOBODY TOLD ME 6 GETTING BETTER 7 HEY BULLDOG (ENCORE) CLARABELLA
REMEMBER 5 REMEMBER
ご存知リメンバー、このコンサートではやたらハッスルするジョン役とジョージ役、今回もマニアックな曲を選んできた
彼らっていつ練習してるんでしょうかねえ???
今回は"ISN'T IT A PITY"が秀逸でしたねえ
クラプトンもこの曲が大好きでライブで良く演奏してますねえ、ジョージのビートルズに対しての皮肉が何とも言えない味がしますねえ
演奏曲 1 LOVE COMES TO EVERYONE 2 OLD DIRT ROAD 3 AISUMASEN 4 ALL THOSE YEARS AGO 5 I'VE GOT A FEELING 6 YOU ARE HERE 7 ISN'T IT A PITTY (ENCORE) SOMETHING
THE BLUE JAYS 6 THE BLUE JAYS
いつも誰もやらない曲を持ってくる彼らだが今回はなんと12弦をフィーチャーした曲を束ねてきた
ジョージがリッケンバッカーに貰った12弦をロックの世界で披露したことで全世界にその存在を知らしめることになった、まさに伝説
さらに曲になじませたジョージのセンスが光る
12弦の音が流れるだけでビートルズを感じてしまうのはオイラだけではなさそうだ
演奏曲 1 EIGHT DAYS A WEEK 2 WORDS OF LOVE 3 YOU REALLY GOT A HOLD ON ME 4 I'M HAPPY JUST TO DANCE WITH YOU 5 IF I FELL 6 ANY TIME AT ALL 7 TICKET TO RIDE 8 CAN'T BUY ME LOVE 9 IF I NEEDED SOMEONE 10 YOU CAN'T DO THAT (ENCORE) A HARD DAY'S NIGHT
THE BEATLEK'S 7 THE BEATLEK'S
このバンドのベーシストが高いキーが出る
うらやましいねえ、ポールと同じ様に歌いたいと思ってもキーが高いからねえ
でも彼は難なく歌ってる、苦しそうじゃあないのは見ていて安心しますねえ
奥様は今回"IMAGINE"を歌ってくれた、女性の"IMAGINE"も良いねえ
しっくりと歌ってくれました、ご覧下さい
演奏曲 1 NOWHERE MAN 2 THE NIGHT BEFORE 3 すてきなダンス 4 DEVIL IN HER HEART 5 I WANNA BE YOUR MAN 6 IMAGINE 7 WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 8 GET BACK (ENCORE) ONE AFTER 909
THE SILVER CRICKETS 8 THE SILVER CRICKETS
前回は23系統というバンド名だったが、メンバーを入れ替えての今回のステージとあいなった
ジョンの雰囲気を持つ人だから歌い方も良く似てる
ポール役も関西では良く知れた人だから、二人のヴォーカルは最強だった
ジョージ役も若いのにジョージの雰囲気で弾いていた
これから楽しみなバンドが出てきたなあと素直に喜ぶオイラだった
演奏曲 1 I'M LOOSING YOU 2 YOU CAN'T DO THAT 3 BABY IT'S YOU 4 SOMETHING 5 みんないい娘 6 WE CAN WORK IT OUT 7 IMAGINE 8 I SAW HER STANDING THERE (ENCORE)STARTING OVER
フィナーレ フィナーレ
最後は全員で歌う"TWIST&SHOUT"だ、この曲を最初に聴いた時は誰が歌っているのかは分からなかった、レコードの写真で声の感じがジョージだろうと想像していた、動くビートルズを知りジョンだと分かった時はビックリしたねえ、それだけ情報が無かった時代でした、そんな話をしても今の若い人は笑うだけで、時代の流れを感じますねえ、でもこの曲はあせることなく光っていることだけは確かですねえ
"TWIST AND SHOUT "
素敵な素敵なお客様そしてバンドのみなさん、どうもありがとうございました
司会の藤田さん木下さん、お疲れ様でした
キャバーンのスタッフの皆さんありがとう
そしてやってきてくれたポールに感謝いたします、どうぞ来年もよろしくお願いします(DEC,8,2013)



EVENT REPORT!!
第32回ビートルズコピーバンド大会(9/8SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

ビートルズファンにとってはすごいニュースが入ってきました
ポールがやってくる!!
11年ぶりですねえ
大阪、福岡、東京と3都市でのコンサートが開かれる
いやはやうれしいですねえ、待った甲斐がありましたねえ
今回はどんな曲をやるんだろう??
おおまかは変らないだろうけど、聴きたい曲は随分とあるからねえ、しかし71歳ですよ、ポールは年齢は関係ないよ、コンサートがしたいんだよ、と言ってるらしい、まさにモンスターですねえ
次はいつになるか分からないからしっかりと見て来たいと思うねえ、コピーバンドの皆さんも行くんだろうね
レポートご覧ください

開演前 開演前
いつもカフェに寄ってコーヒーを飲んでキャバーンに入ってたんだけど、このところ朝早く開けるカフェが無くなってつまらなかったんだけど、よくよく捜すと24時間営業のカフェを見つけた
やっとゆっくり飲める場所が出来たのでうれしい限りだ

B-MEN 62 1 B-MEN 62
ベースを右から左にスィッチしてから2度目となる彼ら、無難な曲を選んできたのかと思ったら、なんのなんのハードな曲からバラードまで、、、まるでチャレンジャーだねえ
エネルギッシュなバンドだこと
ベースが左で2マイクは見ていてもビートルズに見えますねえ、今回はアルバム”HELP!"あたりを中心に聴かせてくれた、よかったよかった
演奏曲 1 DIZZY MISS LIZZY 2 TICKET TO RIDE 3 SHE'S A WOMAN 4 YES IT IS 5 YOU GONNA LOSE THAT GIRL 6 ACT NATURALLY 7 I NEED YOU 8 IT'S ONLY LOVE 9 ANOTHER GIRL 10 HELP! 11 ROCK'N ROLL MUSIC 12 MACH BOX 13 I'M DOWN (ENCORE)1 ROLL OVER BEETHOVEN 2 I WANNA BE YOUR MAN 3 SLOW DOWN 4 KANSAS CITY〜HEY HEY HEY HEY
REMEMBER 2 REMEMBER
今回も得意のアルバム丸ごと1枚か?!と思っていたら違ってたねえ
ビートルズがカバーしていた曲を全曲やってくれた
どの曲もパワーがあってメロディックでリズムが良くって、しかも黒人の臭いのするブルージーなサウンドですねえ
ビートルズはこういった曲が好きだったんだとあらためて思い出しましたねえ、全曲カバー曲もいいもんだ
演奏曲 1 PLEASE MR.POSTMAN 2 DEVIL IN HER HEART 3 A TASTE OF HONEY 4 DAZZY MISS LIZZY 5 HONEY DON'T 6 EVERBODY'S TRING TO BE MY BABY3 7 WORDS OF LOVE 8 CHAINS 9 BADBOY 10 KANSAS CITY 〜HEY HEY HEY HEY 11 ROLL OVER BEETHOVEN (ENCORE)1 すてきなダンス 2 YOU CAN'T DO THAT 3 I SAW HER STANDING THERE
THE BEEMEN'S 3 THE BEEMEN'S
名古屋からやってきた彼ら、ベースが左で、おそろいのTシャツでTHE BEEMEN'Sのロゴ入りでルックスを整えてやってきた
レパートリーが少ないと言っていたが十分上手かった、ハーモニーも良くってヴォーカルもパンチがあって聴き応えがありました
MCも面白くって又やってきて欲しいなと思いましたねえ
演奏曲 1 A HARD DAY'S NIGHT 2 I SAW HER STANDING THERE 3 BABY IT'S YOU 4 ALL MY LOVING 5 ROLL OVER BEETHOVEN 6 YOU CAN'T DO THAT 7 MR.MOON LIGHT 8 NOERWEGIAN WOOD 9 LADY MADONNA 10 GET BACK 11 ONE AFTER 909 (ENCORE)1 I WANT TO HOLD YOUR HAND
THE BLUE JAYS 4 THE BLUE JAYS
いつも誰もやらない曲を選んでくるバンドと言われるのはちょっとプレッシャーだと言っていた彼ら、でもかぶらないよう選曲をしてくる姿勢は褒められて当然だ
コピーバンド大会史上初めてだと思うけど"FLYING"を演奏した、すごい反響で、あたらめてマニアックなお客様が多いんだと感じたねえ
演奏曲 1 THANK YOU GIRL 2 RUN FOR YOUR LIFE 3 WHAT GOES ON 4 I'LL CRY INSTEAD 5 FLYING6 DIG IT 〜LET IT BE 7 THINK FOR YOURSELF 8 LITTLE CHILD 9 WHEN I GET HOME 10 KANSAS CITY〜HEY HEY HEY HEY (ENCORE) 1 HONEY DON'T 2 PLEASE PLEASE ME 3 SHE LOVES YOU
BEATLE_SKETCH 5 BEATLE_SKETCH
以前は女性のバイオリニストと二人でやっていたよっちんさん、最近は男二人でステージに立っているときいていたら今回はバンドでやってきた
音も詰まっていてスウィングしましたねえ
声量があるから安心して聴いてられますねえ
本場リバプールのキャバーンクラブに何回も出演しているだけあって観客を魅了させるテクニックもさすがだ!!
演奏曲 1 GET BACK 2 DON'T LET ME DOWN 3 DIZZY MISS LIZZY 4 OB-LA-DI OB-LA-DA 5 WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 6 LET IT BE
フィナーレ フィナーレ
最後は恒例の"HEY JUDE"です、ポールはこの曲を外すことはないのは当たり前なんだけど、もし外したら観客はどういうだろうね、と言うくらい大事な歌だもんねえ 皆で歌いました HEY JUDE "
どうもどうもありがとうございました
次回のジョン&ジョージ追悼コンサートはポール来日記念も少し入れようと思ってます
最後にバンドの皆さんと素敵な素敵なお客様、どうもありがとうございました
司会の藤田さん木下さん、ご苦労様でした
キャバーンのスタッフの皆さんありがとう
今後もマックをどうぞよろしくお願いします(SEP,8,2013)



EVENT REPORT!!
第12回ポールバースディパーティ(6/16SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

ポールは現在ワールドツアーを敢行中だ
何歳までやるつもりなんだろう???
やれるところまでやるんだろうね、ポールのことだから
しかしモンスターそのものですよねえ
我々も見習いましょうねえ
音楽をやり続けるとポールのように元気でいられるって信じましょうね
レポートご覧ください

開演前 開演前
キャバーン前にあった関西テレビの建屋がきれいさっぱりなくなっていて駐車場になっていた
あらあら、いつも見慣れたビルがなくなってしまうとなんとなく摩訶不思議な雰囲気になってくる、旧関テレ前と言ってタクシーでやってくるお客様も多かったのに、大きな目印がなくなると困るよねえ
しかし時代ですねえ、時代には勝てないもんねえ
P.S.I LOVE YOU 1 P.S.I LOVE YOU
京都の老舗バンドだ、今回はパーカッションにTHE BLUE JAYSのドラマーが入り、音の広がりを見せた
パーカッションが加わるだけで音が締まるねえ
いつも完成度の高いコピーを聴かせてくれる彼らだが、今回のTHE LONG AND WINDING ROADは秀逸だったねえ、お聴き下さい
演奏曲 1 I DON'T WANT TO SPOIL THE PARTY 2 I'LL BE BACK 3 I'VE JUST SEEN A FACE 4 MICHELLE 5 I'M LOOKING THROUGH YOU 6 WAIT 7 YOU WON'T SEE ME 8 THE LONG AND WINDING ROAD 9 MAYBE I'M AMAZED
REMEMBER 2 REMEMBER
同じメンバーで長く続けられるのは驚き以外の何物でもないが、4人だけですべての音をまかなうのもビックリしてしまう
今回異色だったのはI'LL FOLLOW THE SUNのリズムをひざを手で叩いて表現したことだろう、上手くはまってましたねえ
演奏曲 1 HELLO GOODBYE 2 CAN'T BUY ME LOVE 3 THING WE SAID TODAY 4 A TASTE OF HONEY 5 I'LL FOLLOW THE SUN 6 WHAT YOU'RE DOING 7 TWO OF US 8 NO WARDS 9 HERE TODAY 10 ALL TOGETHER NOW
B-MEN 62 3 B-MEN 62
三重は伊勢市からやってきた彼ら、今回のサプライズはポール役がレフティになっていたことだった
左にスイッチするのは至難の業なのに見事やりとげたのには驚いた
ポールバースディパーティに華を添えてくれたねえ
演奏曲 1 MR. MOON LIGHT 2 I DON'T WANT TO SPOIL THE PARTY 3 TILL THERE WAS YOU 4 YESTERDAY 5 THINGS WE SAID TODAY 6 ANOTHER GIRL 7 A HARD DAY'S NIGHT 8 THIS BOY 9 I'M HAPPY JUST TO DANCE WITH YOU 10 TELL ME WHY 11 MATCHBOX 12 KANSAS CITY〜HEY HEY HEY HEY
NOT 4 SALE 4 NOT 4 SALE
こちらのポールはまさしくのレフティだ、いつもはスポーツ刈りなのに髪を伸ばしていたので訳を聞いてみたら、女房に言われたとか、やっぱり音楽をやる人は髪は長い方がいいよねえ
演奏曲 1 ROCK AND ROLL MUSIC 2 SHE'S A WOMAN 3 ALL MY LOVING 4 I SAW HER STANDING THERE 5 CAN'T BUY ME LOVE 6 SHE LOVES YOU 7 BIRTHDAY
THE BLUE JAYS 5 THE BLUE JAYS
このバンドのJOHNは器用だ、ギターだけでなくキーボードも上手だ
ポールが弾くようにピアノを弾く、ジョンが弾くようにギターを弾く、しかも細かいところまでコピーしているから驚きだ
演奏曲 1 HELLO GOODBYE 2 MAYBE I'M AMAZES 3 ANOTHER GIRL 4 I'VE JUST SEEN A FACE 5 FREEDOM 6 GET BACK 7 ONLY MAMA KNOWS 8 HI HI HI
前島バンド 6 前島バンド
11年前に出てくれた時に音の出方が他のバンドと随分違っていたのを思い出した
音圧と言いますかキャバーンの入り口までストレートに音がやってくる、楽器の違いもあるんだろうけど、突き刺すようなサウンドはまさにビートルズを感じましたねえ
演奏曲 1 I SAW HER STANDING THERE 2 ALL MY LOVING 3 TILL THERE WAS YOU 4 DEVIL IN HER HEART 5 ROLL OVER BEETHOVEN 6 SLOW DOWN 7 TWIST AND SHOUT
FLYING HORSES 7 FLYING HORSES
ご存知JASH率いるWINGSのコピーバンドだ
今回はアルバム"McCARTNEY"を丸ごと一枚を聴かせてくれた
彼らのすごいところは好き嫌い関係なくすべてコピーをしてしまうことだ
つくづくすごいバンドだと思うねえ、いやはや感心しまくりでした
演奏曲 1 THE LOVELY LINDA 2 THAT WOULD BE SOMETHING 3 VALENTINE DAY 4 EVERY NIGHT 5 HOT AS SUN 6 JUNK 7 MAN WE WAS LONELY 8 Oo YOU 9 MOMMA MISS AMERICA 10 TEDDY BOY 11 MAYBE I'M AMAZED 12 KREEN AKRORE
THE BEATLEK'S 8 THE BEATLEK'S
このバンドのPAULはキーの高い声が出るのでうらやましい、どのバンドもポールの高い声をコピー出来ないので選曲に苦労するが、彼ならほとんどカバーできるんじゃあないかと思う
キーボードの女性も甘い歌声だ、うっとりしちゃうよねえ
演奏曲 1 IT WON'T BE LONG 2 I'M LOOKING THROUGH YOU 3 CHAINS 4 I'VE JUST SEEN A FACE 5 THINGS WE SAID TODAY 6 TILL THERE WAS YOU 7 ALL MY LOVING 8 I DON'T WANT TO SPOIL THE PARTY 9 THERE'S A PLACE 10HOLD ME TIGHT 11 KANSAS CITY〜HEY HEY HEY HEY
LENNON # 9 9 LENNON # 9
今回も女性ヴォーカリストを連れて来た彼ら(これで定着か?!)
JAZZっぽい歌い方はともすればビートルズに聴こえないところだがブルージーだから違和感無く聴けるねえ
それと彼らは曲の紹介が上手い
”今日来ているポールにHAPPY BIRTHDAY PAUL?”と言って歌ったのがHOW DO YOU SLEEP?だった
気をひきつけておいて落とす
なんとも粋な演出だった
演奏曲 1 YER BLUES 2 COMING UP 3 HELTER SKELTER 4 HOW DO YOU SLEEP? 5 YOU NEVER GIVE ME YOUR MONEY 6 MONEY 7 I'M DOWN
フィナーレ フィナーレ
最後はお決まりの"I SAW HER STANDING THERE"
この曲はトニーシェリダンの”聖者の行進”のパクリだというのは周知のごとくだけど、ポールが歌うと別の曲になってしまうから不思議だよねえ
とにかくポールには元気で長生きして欲しいよねえ
モンスターだから我々よりも長生きしそうだけど、、、、
さてさてどうもどうもありがとうございました、やってきてくれたお客様、バンドのみなさん、感謝感謝です
司会の藤田さん木下さん、ご苦労様でした
キャバーンのスタッフの皆さんありがとう
次回もどうぞよろしくお願いします(JUN,16,2013)



EVENT REPORT!!
第9回ジョン&ジョージ追悼コンサート(12/2SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

この時期は非常に寂しくなる時期だ
ジョンとジョージがこの世にいないからなんだろうけど、以前クラプトンがジョージがいないのは寂しい限りだと言っていたが、プロミュージシャンがそう言うんだから、我々ファンはなおさらのこと寂しい気持ちになる
でもジョンやジョージは我々が寂しがっていたらいやかも???
彼らの残してくれた曲を歌いながら彼らを偲びましょう、歌い続け次の世代にバトンを渡しましょう、そうすることでジョンとジョージは語り継がれていくんですから
レポートご覧ください

開演前 開演前
ポールがジョージのことを”男がしたいことをすべてやった男だった”とコメントしていたが、男がそう言われるとうれしいよねえ
ジョンにジョージを紹介しバンドに加入するよう頼んだのがポール、この時3人は世界制覇できると思ってただろうか?!
ジョンとジョージがいなくて一番寂しがっているのはポールなのかも???と思いますねえ
REMEMBER 1 REMEMBER
おなじみリメンバー、今回はトップでの登場だ、同じメンバーで良くこれだけ長く続くものだと感心する
オイラもバンドの経験は数多くあるけど一番大事なのは気持ちですねえ、気持ちが通じないと長くは続かない、そう思うと彼らは気が合ってるんだと思う
音も良く合ってるなあとも思う、選曲もどうやってるんだろう、いつも難しい曲を選んでくるなあと思いますねえ
最近はじっくり聴かせるバンドに変身中か?!
演奏曲 1 LOVE COMES TO EVERYONE 2 PIGGIES 3 BLOW WAY 4 ALL THOSE YEARS AGO 5 NOBODY LOVES YOU 6 IMAGINE 7 WATCHING THE WEELS 8 INSTANT KARMA(ENCORE) COMETOGETHER
BEAT MACKY 2 BEAT MACKY
名古屋からやってくるナイスなバンドだ、革ジャンとブーツでBBCあたりをやってくれた
BBCはビートルズがライブバンドだというのを改めて教えてくれるので大変好きなアルバムではある
音圧を感じるよねえ、しかもベースと2本のギターのセパレートな感じがいいですよねえ、のるしねえ
彼らはMCも面白く、先だってやってきた"RAIN"のライブを見てきた感想をしゃべってたけど、会社の上司が先に行っていて、よかったと言っていたので大いに期待して見に行ったら、なんと口パクありで驚いたという話、良く見てますねえ、やっぱりショーだったんですね
名古屋のコピーバンドが大勢見に来ていて、終わったあと皆で怪しかった部分を協議しあって楽しかったとも
みんなで盛り上がったとか、なかなか面白い話でした
演奏曲 1 I SAW HER STANDING THERE 2 DON'T BOTHER ME 3 MISERY 4 I WANT TO HOLD YOUR HAND 5 I'LL BE ON MY WAT 6 NOT A SECOND TIME 7 LONESOME TEARS IN MY EYES 8 CRYING WAITING HOPPING 9 ANYTIME AT ALL 10 I'M GONNA SIT RIGHT DOWN AND CRY 11 SOME OTHER GUY (ENCORE) ROLL OVER BEETHOVEN
THE BLUE JAYS 3 THE BLUE JAYS
去年のこのコンサートではJALのはっぴを着てトリをとってもらったのは記憶に新しい、今回は"FOR SALE"と"HELP!" から選曲してきた彼ら、完成度も高かったねえ
変則な拍子の"I NEED YOU"も難なくこなしてた辺りは腕を磨いたなあって感じでした
是非YOUTUBEご覧になってくださいな
演奏曲 1 HELP! 2 YOU'VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY 3 IT'S ONLY LOVE 4 BABY'S IN BLACK 5 EVERYBODY'S TRYING TO BE MY BABY 6 NO REPLY 7 I DON'T WANNA SPOIL THE PARTY 8 I NEED YOU 9 TICKET TO RIDE 10 ROCK AND ROLL MUSIC (ENCORE)DIZZY MISS LIZZY
THE SPRINGS 4 THE SPRINGS
なかなかジョージ役が定着しない彼らだけど、やっと見つけたようだ
今回は新しく加入のジョージをお披露目した
彼らはグイグイ前に押し出すようにステージを引っ張っていく、迫力あるバンドですこと、いやほんま
演奏曲 1 DON'T LET ME DOWN 2 PAPER BACK WRITER 3 IT WON'T BE LONG 4 ALL I'VE GOT TO DO 5 IF I FELL 6 DAY TRIPPER 7 YOU'RE GONNA LOSE THAT GIRL 8 REVOLUTION 9 AND YOUR BIRD CAN SING
23系統 5 23系統
バスの運転手とリメンバーのポールが作った別のユニットだ、その二人にP.S.I LOVE YOUの女性達と男性が加わり、いわば寄せ集め的なバンドで、これくらいはやるよ!!と言ったところか?!
ジョン役が30数年来のジョンのファンというだけあってヴォーカルも雰囲気も良く似てたねえ、しかし一人一人の実力があるからセッションに似たステージでも、なかなか聴かせてくれましたねえ
演奏曲 1 STARTING OVER 2 JEALOUS GUY 3 I SAW HER STANDING THERE 4 BABY IT'S YOU 5 みんないい娘 6 HELP! 7 SOMETHING 8 IMAGINE (ENCORE) A HARD DAY'S NIGHT
LENNON # 9 6 LENNON # 9
とあるライブハウスで知り合った者同士で作ったバンドだけど最近息が合ってきましたねえ
女性ヴォーカリストもJAZZっぽい雰囲気を持っているし、音のつぶがそろっているというか、いつも引き込まれますねえ
今回はルーフトップコンサートが秀逸だったのでアップしました
アップルの屋上にいるようだったねえ
演奏曲 1 IT DON'T COME EASY 2 I'M THE GREATEST 3 INSTANT KARMA 4 APPLE SCUFFS 5 AWATING ON YOU ALL 6 I'VE GOT A FEELING 7 DIG A PONY (ENCORE) GLASS ONION
P.S.I LOVE YOU 7 P.S.I LOVE YOU
今回はいつものメンバーが一人かけたので助っ人を連れて来た
助っ人はギターも上手いし声量はあるわで、本当に助っ人となった
ヴォーカルがまとまると曲が生きてくるよねえ、一曲一曲がしまって聴こえる、あっという間の30分だったねえ、楽しかった
演奏曲 1 IT WON'T BE LONG 2 すてきなダンス 3 TELL ME WHY 4 ANYTIME AT ALL 5 RUN FOR YOUR LIFE 6 YOU REALLY GOT A HOLD ON ME 7 YOU LIKE ME TOO MUCH 8 DON'T LET ME DOWN 9 GET BACK (ENCORE) YOU CAN'T DO THAT
ME&MY MONKEYS 8 ME&MY MONKEYS
今回は女性のキーボードを連れて来た彼ら、キーボードが入るだけで音の幅が広がりますねえ、特に中後期は音がしまりますねえ、レフティのジミヘンもディストーションを押さえ気味にして音作りに励んでましたねえ
トリご苦労様でした
12月にふさわしい曲で今回のコンサート〆てくれました、感謝感謝
演奏曲 1 HEY BULLDOG 2 GLASS ONION 3 DAY TRIPPER 4 IF I NEEDED SOMEONE 5 MY SWEET LOAD 6 I AM THE WALRUS (ENCORE) HAPPY X'MAS
フィナーレ フィナーレ
今回も最後は"TWIST&SHOUT"を全員で歌って終了しました
"TWIST AND SHOUT "
みんなで仲良く歌う姿はジョンやジョージに届いただろうか?!
マックは毎年このコンサートをやって行きたいと思ってます
来年も是非マックを宜しくお願いします
やってきてくれたお客様そしてバンドのみなさん、どうもありがとうございました
司会の藤田さん木下さん、ご苦労様でした
キャバーンのスタッフの皆さんありがとう
又来年お会いするのを楽しみにしております、どうぞよろしくお願いします(DEC,2,2012)



EVENT REPORT!!
第31ビートルズコピーバンド大会(9/9SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

今年はビートルズデビュー50周年の年に当たる
全世界各地で記念のコンサートをやっているようだ、50年経っても全く色あせないどころかますますヒートアップしているように思うねえ
ガキの頃ビートルズを聴いて育った人たちはその子供たちに伝え、またその子供も次に伝えていく
まさにビートルズはそうして伝えられていくと思うと、何百年、いや何千年も語り伝えられるんだろうね、すごいというしかないねえ
今回はビートルズのコピーバンド10バンド集まってくれました
盛り上がりましたねえ
レポートご覧ください

開演前 開演前
マック、オープンから丸17年が経ちました
ずっとこのキャバーンクラブでコンサートをしてきましたがハウスバンドもコピバン大会のバンドも色々な変遷を経て随分変ってきました
変らないのはビートルズが好きだってことでしょうか
それでいいんだよねえ
ブレないって言うことが長く続けられる要素なんだろうね
ドアのところで外を眺めてると、そんなことを思っちゃいました
P.S.I LOVE YOU 1 P.S.I LOVE YOU
京都の老舗バンドだ、おなじみの顔ぶれに会うと妙に安心する、なんともほっこりするバンドだ
今回はアルバム"PLEASE PLEASE ME"丸ごと一枚をやってくれた
初期のビートルズの荒削りだけどパンチのある曲は聴いててライブ向きだなあと感心しますねえ
やっぱりこのアルバムはのりますねえ、自然と手拍子が出て、からだも揺れますねえ、もちろん足踏みも
演奏曲 1 I SAW HER STANDING THERE 2 MISERY 3 ANNA 4 CHAINS 5 BOYS 6 ASK ME WHY 7 PLEASE PLEASE ME 8 LOVE ME DO 9 P.S.I LOVE YOU 10 BABY IT'S YOU 11 THERE'S A PLACE
BACK BEAT 2 BACK BEAT
ドラムスが家庭の事情で田舎へ帰っちゃったので、今回はハキュリーズのドラムスがトラとなった
3人でビートルズは正直言って難しい、でも彼らはすごいアレンジで難なくこなす
MCで実はCHARのアレンジだというので納得した
CHARは影響を与えられたのはJEFF BECKと言っているが、実はヴェンチャーズやビートルズを聴いて育っているのは確かだ
だからビートルズの曲を演奏しても違和感がない
随所にCHARらしいアレンジが出ていて素晴らしい演奏だったねえ
演奏曲 1 DEAR PRUDENCE 2 AND YOUR BIRD CAN SING 3 DR.ROBERT 4 SHE SAID SHE SAID 5 HAPPINESS IS A WARM GUN 6 I WANT YOU 7 TOMORROW NEVER KNOWS
B-MEN 62 3 B-MEN 62
伊勢市からやってくる4人組、もう大阪だけでなく全国にその名は知れてしまった感がある彼ら
とにかくスピードあるステージは見ていて楽しくなる
2マイクで歌うヴォーカルも力強い、ハーモニーも良く効いてるねえ
彼らも今回は初期を持ってきた、良かったねえ
演奏曲 1 I SAW HER STANDING THERE 2 I WANNA BE YOUR MANF 3 DO YOU WANT TO KNOW A SECRET ? 4 ASK ME WHY 5 PLEASE PLEASE ME 6 FROM ME TO YOU 7 ANNA(GO TO HIM) 8 IT WON'T BE LONG 9 SHE LOVES YOU 10 LONG TALL SALLY
REMEMBER 4 REMEMBER
連続出演記録を更新中の彼ら、今回彼らも初期を持ってきた(どのバンドも曲が重なってしまう日というのがあって、申し合わせたわけじゃあないのにねえ)
ライブ向きの選曲をするとこうなるんだろうね
演奏曲 1 I SAW HER STANDING THERE 2 MISERY 3 ANNA 4 CHAINS 5 BOYS6 PLEASE PLEASE ME 7 LOVE ME DO 8 P.S.I LOVE YOU 9 BABY IT'S YOU 10 DO YOU WANT TO KNOW A SECRET ? 11 THERE'S A PLACE 12 TWIST & SHOUT
THE BLUE JAYS 5 THE BLUE JAYS
いつも誰もやらない曲を持ってきては我々をビビらす彼ら、今回はOB-LA-DI OB-RA-DAか?!
彼らはストレートなロックが好きだけど、こういう曲をやる茶目っ気も持ち合わせているから楽しいねえ
演奏曲 1 OB-LA-DI OB-LA-DA 2 THE BALLAD OF JOHN AND YOKO 3 WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 4 HAPPINESS IS A WARM GUN 5 HELTER SKELTER 6 I WANT YOU(SHE'S SO HEAVY)
CANDY 6 CANDY
リッケンバッカーの改造を依頼されてからバンドを組んでることを知り、実はベース担当はマックでヘフナーのベースを買ったという、どこかでつながってるんだと思うとうれしくなってきますねえ
彼らはキャロルのようにビートルズをさばく
ロックンロールに裏うちされたサウンドはビートルズの基本形だから聴いててのりますねえ、いやはやほんま
演奏曲 1 ROCK'N ROLL MUSIC 2 SLOW DOWN 3 BAD BOY 4 I SAW HER STANDING THERE 5 20 FLIGHT ROCK 6 SHOUT MEDLEY 7 GOOD GOLLY MISS MOLLY 8 ANNA(GO TO HIM) 9 LONG TALL SALLY
BEATLE_SKETCH 7 BEATLE_SKETCH
以前は3人で演奏していたがひとり抜け、バイオリンの女性はクラシックで忙しく、最近は二人でやることが多くて、という話だった
彼らは歌が上手いから聴いていて惚れ惚れしますねえ
もう一方の彼もギターが上手くって、しかもブルージーだった
感心しちゃいましたねえ
演奏曲 1 SHE'S A WOMAN 2 DIZZY MISS LIZZIE 3 ACT NATURALLY 4 FOR YOU BLUE 5 LOVE ME DO 6 OB-LA-DI OB-LA-DA 7 STAND BY ME 8 I SAW HER STANDING THERE
ME&MY MONKEYS 8 ME&MY MONKEYS
今回はアコースティックでのステージとなった
女性ヴォーカルを連れてきて、しっとりと歌ってくれましたねえ
ビートルズは基本形アコースティックで曲を作ってるから、彼らの演奏を聴いてると化粧のないビートルズって感じがしましたねえ
ロックからバラードまで気持ちよく聴かせて頂いた
演奏曲 1 TWO OF US 2 夢の人 3 GIRL 4 STRAWBERRY FIELDS FOREVER 5 ACROSS THE UNIVERSE 6 LOVE 7 REVOLUTION NO.1
BEAT MACKY 9 BEAT MACKY
名古屋からやってくる彼ら、いつもジョージ役の彼にはビックリさせられる、今回は自作のDUO JETを披露してくれた
ビブラートまで自分で作ったというからには驚いちゃった
ベースの彼はRAINのチケットを母親が受け取った時、配達人とのほのぼのとしたやり取りで会場を沸かせていた
非凡なバンドですねえ
演奏曲 1 A HARD DAY'S NIGHT 2 IT WON'T BE LONG 3 DEVIL IN HER HEART 4 ACT NATURALLY 5 TILL THERE WAS YOU 6 I FEEL FINE 7 I WANNA BE YOUR MAN 8 SLOW DOWN
THE BEATLEK'S 10 THE BEATLEK'S
今回は彼らにトリを取ってもらった、会を重ねるたびに上手くなっていく彼ら、ヴォーカルも演奏もハーモニーも決めてきますなあ
バンド名を変えてからどんどん良くなりますねえ
ドラムのリズムもタイトですねえ、いいですねえ、この調子ですねえ
演奏曲 1 ONE AFTER 909 2 I WANT TO HOLD YOUR HAND 3 WE CAN WORK IT OUT 4 OCTOPUS'S GARDEN 5 I WANNA BE YOUR MAN 6 EIGHT DAYS A WEEK 7 YOU WON'T SEE ME 8 MONEY 9 HOLD ME TIGHT
フィナーレ フィナーレ
コピーバンド大会の最後はみんなで歌う"HEY JUDE"です、女性のキーボード奏者がオリンピックでやったポールを再現してくれた
"THE END"から入り"HEY JUDE"に流れていく、そのままをコピーしてくれた"HEY JUDE "
いやはや良かったねえ、素晴らしかった
ビートルズ50周年、おめでとうございます
これからもこのコンサート続けていけるようにと思っています
60周年もやりたいですよねえ
最後にやってきてくれたお客様そしてバンドのみなさん、どうもありがとうございました
司会の藤田さん木下さん、ご苦労様でした
キャバーンのスタッフの皆さんありがとう
今後もマックをどうぞよろしくお願いします(SEP,9,2012)



EVENT REPORT!!
第11回ポールバースディパーティ(6/17SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

ポールは今年70歳を迎える、まさにモンスターだねえ
しかもライブを続けている、2時間以上歌い演奏し(ベースにギター、ピアノにウクレレ、はてはエレキマンドリンまで)MCまで自分でやってしまう、、、とにかくビビッてしまうよねえ
3度目の結婚までして怪物振りを発揮してる
彼が生きていることが我々人類にとってはまさに誇りそのものなんですねえ
レポートご覧ください

開演前 開演前
今回はマック始まって以来の出来事が
なんと東京は新島と言う離島からやってきたバンドが出演する
東京からは過去何度かはやってきてくれたけど、離島は初めてだねえ、前日泊で大阪へやってきてくれた、今回は彼らがコンサートの目玉と相成った
P.S.I LOVE YOU 1 P.S.I LOVE YOU
京都からやってきた5人組、日本中を演奏旅行するつわものだ
激しいロックンロールから難しいハーモニーまでこなすバンドとして有名だ
女性3人の非凡なところもすごい
キーボードだけでなくドラムやパーカッション、擬音まで再現してしまうところは才能あふれている
彼らもポールと同様モンスターだねえ、いやはや感心感心
演奏曲 1 HEY BULLDOG 2 LONESOMETOWN 3 MARTHA MY DEAR 4 FOR NO ONE 5 GOLDEN SLUMBERS〜HELLO GOODBYE 5 YOU'RE GOING TO LOSE THAT GIRL 6 TELL ME WHY 9 TICKET TO RIDE (ENCORE)P.S.I LOVE YOU
REMEMBER 2 REMEMBER
今回の出演でちょうど10年目と言う
なので初めて出演した時と同じ服装で、楽器も同じで曲も順番も同じと言う演出で登場した
店前の集合写真も10年前と同じにして欲しい、できれば赤盤青盤と同じく、とリクエスト
で、撮ったのがこの写真、10年前と比べてみてくださいな
演奏曲 1 MR.MOONLIGHT 2 DEVIL IN HER HEART 3 ALL MY LOVING 4 TELL ME WHY 5 DON'T BOTHER ME 6 PLEASE MR.POSTMAN 7 YOU REALLY GOTTA HOLD ON ME 8 TWIST& SHOUT 9 A SAWHER STANDING THERE 10 ROLL OVER BEETHOVEN (ENCORE) SLOW DOWN
THE BTLES 3 THE GTLES
今回の大目玉、新島からやってきてくれた彼ら、在阪のバンドともすぐに打ち解けて大いに盛り上がった
ファンキーでフランクなところは離島ゆえか?!とにかく楽しいメンバーで驚いた
演奏も十分上手く、またMCの面白いこと
在阪のバンドは確実に負けましたなあ
ノリも良くってビートも効いてましたねえ
いやはやビックリ仰天のステージでしたねえ、すごかった
演奏曲 1 TWIST&SHOUT 2 I WANT TO HOLD YOUR HAND 3 ALL MY LOVING 4 LOVE ME DO 5 NOWHERE MAN 6 YOU CAN'T DO THAT 7 ONE AFTER 909 8 LONG TALL SALLY (ENCORE) I SAW HER STANDING THERE
THE BLUE JAYS 4 THE BLUE JAYS
オイラがHPでリクエストしていたTHIS ONEをいきなりやってくれた、相当難しい曲なのにさらりとやられてしまいましたねえ
さらに新しいアルバムからSEE YOUR SUNSHINEを
一体いつ練習してるんだろうねえ、驚き通りこしちゃいますねえ
しかしこんなに4人の息がぴったり合うバンドは珍しいよねえ
演奏曲 1 THIS ONE 2 SILLY LOVE SONGS 3 SEE YOUR SUNSHINE 4 GOLDEN SLUMBERS〜CARRY THAT WEIGHT〜THE END (ENCORE) HI HI HI
THE ROACH 5 THE ROACH
いつもは4人で和歌山のライブハウスで演奏してる彼ら、リードギターが仕事で来れなくて3人での演奏となった
3人でビートルズをカバーするのは至難の業だが、彼らは違ったねえ、ビートルズのサウンドをきちんと再現してた
タイトなドラムのリズムにヴィンテージのグレッチの音が突き刺さる、キャバーンベースもすごくドライブしてたねえ
3人でこれだから4人だとどうなるんだろ??次回は是非4人で、是非是非是非!!
演奏曲 1 ONE AFTER 909 2 THERE'S PLACE 3 WHERE HAVE YOU BEEN 4 LEND ME YOUR COMB 5 TILL THERE WAS YOU 6 I'M TALKING ABOUT YOU 7 YOU REALLY GOTTA HOLD ON ME 8 LOVE ME DO 9 I'LL GET YOU 10 ASK ME WHY 11 I SAW HER STANDING THERE (ENCORE) MR.MOONLIGHT
THE BEATLEK'S 6 THE BEATLEK'S
バンド名を変えてからの初ステージの今回、音のまとまりが断然良くなったねえ
ヴォーカルと演奏、バランスがいいねえ、皆んな声も良く出てて聴きやすかったねえ
キーボードの彼女のGOODBYE秀逸でしたねえ、ポールが歌って欲しい感じを見事に再現してましたねえ、よかったよかった
演奏曲 1 BACK IN THE U.S.S.R. 2 HELLO GOODBYE 3 I'M LOOKING THROUGH YOU 4GOODBYE 5 ALL MY LOVING 6 THINGS WE SAID TODAY 7 GOLDEN SLUMBERS (ENCORE) CAN'T BUY ME LOVE
ME&MY MONKEYS 7 ME & MY MONKYES
新しく女性のキーボードを連れて来た、キーボードが入るだけで音の厚みが違ってきますねえ
中後期のビートルズには欠かせないねえ
音もまとまってたねえ、前回のステージを良く学習しましたねえ
アコースティックギターでサイドをきざみねばっこいリードギターを重ねる、これでサウンドが引き締まり、大変聴きやすくなった
キーボードが入り全体的に音もマイルドになってこれからが楽しみなバンドとなりました、期待してまっしぇーーーっ
演奏曲 1 BACK IN THE U.S.S.R. 2 BIRTHDAY 3 AND I LOVE HER 4 TILL THERE WAS YOU 5 LADY MADONNA 6 YOUR MOTHER SHOUD KNOW 7 HELLO GOODBYE (ENCORE) DRIVE MY CAR
THE BEAT FLAT 8 THE BEAT FLAT
親子でビートルズを楽しむ彼ら、今回はトリをとって貰った
トリにふさわしく最高に盛り上げてくれた
とにかくMCが面白くグイグイ引きこまれる、あっという間の30分、まさにエンターテイメントバンドだ、感謝感謝
演奏曲 1 SHE'S A WOMAN 2 DRIVE MY CAR 3 LET IT BE 4 YESTERDAY 5 KANSAS CITY〜HEY HEY HEY 6 BIRTHDAY 7 BACK IN THE U.S.S.R 8 GAT BACK 9 TWIST & SHOUT (ENCORE) DON'T LET ME DOWN
フィナーレ フィナーレ
最後は皆んなで歌いました、ポールの初期の最高傑作、曲は"I SAW HER STANDING THERE"
ポール70歳は彼にとっては人生の通過点なんだろうねえ、いつも前を向き、アイデアを出し、楽しんでライブをやり続けるんだもんねえ
我々も見習いましょうねえ
70歳だと日本ではジジイの仲間入りだけど、ポールはジジイじゃあないもんねえ
いつまでも憧れのスターなんだよねえ
さてさていつもやって来てくれるお客様、バンドのみなさん、どうもどうもありがとうございました
司会の藤田さん木下さん、ご苦労様でした
キャバーンのスタッフの皆さんありがとう
これからもどうぞよろしくお願いします(JUN,17,2012)



EVENT REPORT!!
第12回X'MAS PARTY(12/18SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

いろんなことがあった今年、考えさせられたと同時に我々は音楽を楽しむことを止めてはいけないと思いましたねえ
音を楽しむことで、ある意味復興を推し進められるんだと思いましたねえ、前を向いていかなきゃねえ
4バンド集まってくれました
レポートご覧ください


CANDY 1 CANDY
ポールバースディパーティから久しぶりの登場だ、リードギターが替わり、さらにロックンロール色が増したようだ
キャロルがビートルズナンバーをうまく取り入れてる様に彼らもビートルズをこなす
ロックンロールはエルビスから始まったと言うけど、違うねえ、やっぱビートルズからだよねえ、サウンドよかったねえ
PLEASE MR.POSTMAN
転石偽造団 2 転石偽造団
ストーンズの初期スマッシュヒットがビートルズの提供したI WANNA BE YOUR MANだったことはファンの間では知らない者はいない、この曲を聴くたびにリンゴースターのそれとは随分違うテイストを感じる
全くブルージーに仕上がっているのはさすがストーンズだ
転石偽造団、うまくコピーしてましたねえ、のりましたねえ、最高でしたねえ
I WANNA BE YOUR MAN
E.G.CHILDREN 3 E.G.CHILDREN
キーボード2台を駆使して厚いサウンドを構築する彼ら、さらに今回は女性ヴォーカリストを連れてきてクリスマスナイトを和やかなムードにしてくれた
ジミヘンからイルカまで、その幅広い音楽域には驚かされる、楽しいステージだったねえ
なごり雪
B-MEN 62 4 B-MEN 62
今年もマックのイベントの最後は彼らで締めてもらった
3月の震災で日本中が大打撃だったこの一年、来年こそはいい年にしたいですねえ
祈りを込めてB-MEN 62が歌い演奏してくれました
感謝感謝
I FEEL FINE
EVENT REPORT!!
第8回ジョン&ジョージ追悼コンサート(12/4SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

このコンサートを開催するたびに思うのは、JOHNもGEORGEもあまりにも早く逝ってしまったなあと
GEORGEはALL THINGS MUST PASSと言ったが、二人の残した曲は永遠に歌い継がれていくだろうと思うと気持ちは少し落ち着く
世界中のファンが思い出して口ずさむんだろうと思うと、こういうコンサートが出来るのも幸せなことなんだと感じるねえ
レポートご覧ください

開演前 開演前
開演前の行列を通行人が見て怪訝な顔をして歩き去る、ここがビートルズのコピーバンドのメッカだと言っても分からないだろう
20年以上前からこのキャバーンクラブに通っているが、ここに来るたびにビートルズの雰囲気に浸れる、ここでコンサートが出来るのもうれしいことのひとつだ
P.S.I LOVE YOU 1 P.S.I LOVE YOU
おなじみの京都のバンドだ、いつも感心するのは女性陣が多才なことだ、キーボードはもちろん、ドラムやパーカッションまで上手く使って、ビートルズのサウンドを再現する
又三人ともかわいいので客のエールがすごい
まるでAKB48のファンのようだ
もちろん男性二人もテクニックがあるしヴォーカルもしっかりしてる
楽しいバンドだ
今回の集合写真はエグザイル風????
演奏曲 1 PLEASE PLEASE ME 2 SOLDIER OF LOVE 3 DON'T EVER CHANGE 4 HAPPINESS IS A WARM GUN 5 NO REPLY 6 DEAR PRUDENCE 7 YES IT IS 8 DOCTOR ROBERT 9 SOMETHING (ENCORE)SLOW DOWN
REMEMBER 2 REMEMBER
おなじみリメンバー
今回はマニアックな曲が並んだ、マニアックすぎて知らない曲も多かったのでは?!
でも新しい曲をおろしてくる前向きな姿勢には頭が下がる
今回MCでナベちゃんの娘さんがマックのYOUTUBEを見て笑い転げたと言って皆んなを笑わせていたけど、光景が浮かぶねえ、良い親子関係なんだって思うねえ、ビートルズは親子も仲良くしてくれるんだなあ
演奏曲 1 BETWEEN THE DEVIL AND THE DEEP BLUE SEA 2 DEAR PRUDENCE 3DARK HORSE 4 BLESS YOU 5 ISOLATION 6 IT IS HE(JAI SRI RISHNA) 7 GOD 8 ALL THOSE YEARS AGO (ENCORE) EVERYBODY'S TRYING TO BE MY BABY
B-MEN 62 3 B-MEN 62
前回のコピバン大会の失態をロールオーバーするために今回は気合が入ってた
出番も前の方にして欲しいとリクエストもあり、リベンジに臨む意気込みを感じたねえ
今回はキーボードも連れて来た、だからサウンドも厚くなって聴きごたえがあったねえ
全体的にブルージーにまとめてたし、ロックンロールサウンドにもピッタリあってましたねえ、よかったよかった
演奏曲 1 IN MY LIFE 2 FREE AS A BIRD 3 WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 4 BRING IT ON HOME 5 OH,DARLING 6 AIN'T THAT A SHAME 7 SLIPPIN' AND SLIDIN' (ENCORE) REVOLUTION
ME & MY MONKEYS 4 ME & MY MONKEYS
リードギターが左で白のストラトを持って出てきたら、おおよその想像したとおりだった
まるっきりジミヘンだった
ジミヘンがビートルズのリードギターだったらこういうサウンドになっていたかも?!って感じで進行した
どうしても目がリードギターにいってしまいましたねえ
すごいと言うしかないねえ
演奏曲 1 TAXMAN 2 AND YOUR BIRD CAN SING 3 IN MY LIFE 4 WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 5 EVERYBODY'S GOT SOMETHING TO HIDE EXPECT ME AND MY MONKEY 6 I AM THE WALRUS (ENCORE) LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS
KKK's WITH SN 5 KKK's WITH SN
前から気になっていたバンド名を次回から変えるという、ビートルズを感じさせるバンド名にチェンジすると言う
イニシャルのバンド名はやはりしっくり来ないもんねえ
やはりビートルズをイメージするバンド名のほうがいいよねえ
折角バンドのサウンドが決まっているんですから、是非是非是非
演奏曲 1 ONE AFTER 909 2 I CALL YOUR NAME 3 DON'T BOTHER ME 4 TELL ME WHY 5 ACT NATURALLY 6 ROCK AND ROLL MUSIC 7 I FEEL FINE 8 I'M DOWN 9 LONG TALL SALLY 10 STAND BY ME (ENCORE) A HARD DAY'S NIGHT
LENNON # 9 6 LENNON # 9
前回女性ヴォーカルを連れてきて、今までにない甘い雰囲気をまき散らかして、我々をムーディな雰囲気にさせてくれた彼ら、今回もまた連れてきてくれましたよ
いやはや女性がひとり入るだけでこんなにもうれしくなってしまうのはオイラだけではなさそうだ
美女と野獣、オット失礼、美女とイケメンたちのサウンドに酔いましたなあ
演奏曲 1 SAVOY TRUFFLE 2 SEXY SADIE 3 I ME MINE〜I'M SO TIRED 4 OLD BROWN SHOE 5 I WILL 6 I WANT YOU 7 YER BLUES (ENCORE) COLD TURKEY
THE BEAT MACKEY 7 THE BEAT MACKEY
名古屋からやってきた彼ら、パンチあるサウンドは世界のやまちゃんもビックリだ、ルックスもいいよねえ
革ジャンにジーンズ、デビュー前のビートルズですねえ
ドラマーが来れなくてP.S.I LOVE YOUのドラマーがトラで参加、彼女のタイトなサウンドもゴキゲンでしたねえ
演奏曲 1 CRY FOR A SHADOW 2 I WANT TO HOLD YOUR HAND 3 FROM ME TO YOU 4 A HARD DAY'S NIGHT 5 ALL MY LOVING 6 HELP! 7 みんないい娘 8 ROLL OVER BEETHOVEN 9 ONE AFTER 909 10 MY BONNIE
THE BLUE JAYS 8 THE BLUE JAYS
今回も前回に引き続きデビュー前からBBCとロックンロールのオンパレードだった
ビートルズが好きだった当時のカバー曲は、どれもこれもメロディが良く、タイトなリズムでハーモニーがきれいな曲ばかりですねえ、これらがあったからこそ後に続くオリジナルが光るんですよねえ
しかしブルージェイズ上手いですねえ、感心しちゃいます
JALのはっぴも決まってますなあ
演奏曲 1 CRY FOR A SHADOW 2 I'VE GOT A WOMAN 3 LEND ME YOUR COMB 4 KEEP YOUR HANDS OFF MY BABY 5 RAUNCHY 6 SO HOW COME 7 YOU REALLY GOT A HOLD ON ME 8 LONESOME TEARS IN MY EYES 9 GLAD ALL OVER 10 DON'T EVER CHANGE 11 NOTHIN' SHAKIN' 12 SWEET LITTLE SIXTEEN
フィナーレ フィナーレ
最後は皆んなでみんなで歌おうのコーナーです、曲は"TWIST AND SHOUT "
ブルージェイズの提案でGIVE PEACE A CHANCEを歌いたいと言うことで、やってもらいましたGIVE PEACE A CHANCE
JOHNが生きていたら、今回の震災に対して何と言っただろうかと思いますねえ
日本にやってきてGIVE PEACE A CHANCEを歌ったかもなんて想像させてくれましたねえ
THE BLUE JAYS どうもありがとう、感謝いたします
やって来てくれたお客様、バンドのみなさん、どうもどうもありがとうございました
司会の木下さん、孤軍奮闘ご苦労様でした
キャバーンのスタッフの皆さんありがとう
これからもどうぞよろしくお願いします(DEC,4,2011)



EVENT REPORT!!
第30回ビートルズコピーバンド大会(8/21SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

このコンサートもようやく30回を迎えることが出来た
初めてやった時は、2-3回で終了するものと思っていた
しかしメジャーな新聞に取り上げられたり、バンドの強い希望もあり、とうとう30回と言うことになった
これもひとえに応援してくれたお客様とバンドのメンバーがいた賜物です、感謝感謝です
今後も続けますので宜しくお願いします
レポートご覧ください

開演前 開演前
いつものように行列が出来る開演前の光景だ、これも第一回目から変わらぬ風物詩となった
ビートルズのコピーバンドが文化となったしるしですねえ、いやはやあっぱれです
ハーキュリーズ 1 ハーキュリーズ
いつもはGS(グループサウンズ)のコピーバンドとして活躍する彼ら
しかしルーツはビートルズにあり、ビートルズ大好きな彼らでもある
今回はGS風のビートルズをやるのかと思いきやオリジナルに忠実に演奏したのには驚いた、しかもTILL THERE WAS YOUでは間奏をベースでやるというサプライズも見せてくれて楽しいステージとあいなった
演奏曲 1 HELLO GOODBYE 2 I'VE GAT A FEELING 3 TILL THERE WAS YOU 4 I'M HAPPY JUST TO DANCE WITH YOU 5 I DON'T WANT TO SPOIL THE PARTY 6 ASK ME WHY 7 THANK YOU GIRL 8 EVERBODY'S TRYING TO BE MY BABY
P.S.I LOVE YOU 2 P.S.I LOVE YOU
京都からやってきた老舗バンドだ、女性陣と男性陣の絶妙なハーモニーが聴かせどころの彼ら
パートをそれぞれ入れ替えたり、上になったり下になったりと、いつも感心しまくりだ
今回はTHE FOOL ON THE HILLが秀逸だった、2台のキーボードとハーモニカに縦笛をうまく使っての名演奏だった、ご覧になってください
演奏曲 1 IF I NEEDED SOMEONE 2 GIRL3 BOYS 4 ASK ME WHY 5 DRIVE MY CAR 6 WE CAN WORK IT OUT 7 THE FOOL ON THE HILL 8 YOUR MOTHER SHOUD KNOW
LAWGUNS 3 LAWGUNS
昔からマックの上得意だった”よっちゃんバンド”のご夫婦がライブハウスを経営してから、お会いすることもなかったが、今回30回記念と言うことで、バンドを組んで出演の運びとなった
ビートルズの曲をうまくアレンジしていて、感心していたらCHARのアレンジと聴いて納得した、CHARもルーツはビートルズだもんねえ
しかしこのバンド、即席に作ったとは思えないくらいノリがよかったねえ、ベースもすごくドライブしてた、すごかった
演奏曲 1 AND YOUR BIRD CAN SING 2 A HARD DAY'S NIGHT 3HELP! 4 TAXMAN 5 TICKET TO RIDE
KKK's WITH SN 4 KKK's WITH SN
ベースとキーボードがご夫婦で、愛あるハーモニーは抜群だ
とにかくバランスがいいから聴きやすいねえ
今回はTHIS BOYのミドル部分を奥様がとったのにはびっくりした
彼らもサプライズのスパイスが効いたバンドだ
演奏曲 1 I'VE GOT A FEELING 2 THE WORD 3 WHAT YOU7RE DOING 4 I'LL GET YOU 5 THE NIGHT BEFORE 6 THIS BOY 7 BOYS 8CAN'T BUY ME LOVE
THE BLUE JAYS 5 THE BLUE JAYS
今回はデビュー前の曲を網羅!!とにかくいながらにして、ハンブルグのスタークラブやリバプールのキャバーンに座っているような錯覚さえも覚えるほど強烈なリズムとサウンド
いやはや驚いた
ストレートなロックっていいですねえ、ノリますなあ
演奏曲 1 SWEET LITTLE SIXTEEN 2 THAT'LL BE THE DAY 3 INSPIRE OF ALL DANGER 4 THREE COOL CATS 5 BESAME MUCHO 6 TAKE GOOD CARE OF MY BABY 7 AIN'T SHE SWEET 8 KEEP YOUR HANDS OFF MY BABY 9 SOME OTHER GUY
REMEMBER 6 REMEMBER
たまにレコードまるごと1枚を演奏する彼ら、間違ってもSGT.PEPPER'Sはやらないだろうとたかをくくっていたら、今回持ってきたのには正直言ってビビッテしまった
しかもWITHIN YOU WITHOUT YOUまでやるんだもんねえ、腰を抜かしそうになりましたがな
30回の記念コンサートを最大限盛り上げていただきましたなあ、数日間立ち上がれそうもなかったことも付け加えておきましょう
演奏曲 1 SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND 2 WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS 3 LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS 4 WITHIN YOU WHITHOUT YOU 5 WHEN I'M SIXTY FOUR 6 GOOD MORNING GOOD MORNING 7 SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) 8 A DAY IN THE LIFE
NOT 4 SALE 7 NOT 4 SALE
10バンド中、唯一のレフティのベーシスト
遠くから見るとやっぱりステージが映えますなあ、ビートルズの雰囲気に自然となるからいいよねえ
中央のギターリストはいつものパーフォーマンスのかつらを外すのを最後の曲前にやったので、これまたお客の裏をかく作戦だった、見事な演出だった
演奏曲 1 ROCK'N ROLL MUSIC 2 SHE'S A WOMAN 3 DIG A PONY 4 I SAW HER STANDING THERE 5 THE NIGHT BEFORE 6 YOU CAN'T DO THAT 7 LADY MADONNA
THE SPRINGS 8 THE SPRINGS
二度目の出演の彼ら、リードギターが出れなくなったので、誰か紹介してくれと言うので、REMEMBERのナベちゃんを推薦した
練習もしないで、いきなりのステージ、曲だけを連絡し合い本番に臨むなんて、昔なら考えられないところだ、すごい時代になったなあと思いますねえ
演奏曲 1 TWIST AND SHOUT 2 NOWHERE MAN 3 SHE LOVES YOU 4 IN MY LIFE 5 TICKET TO RIDE 6 BAD BOY 7 PLEASE PLEASE ME 8 I WANT TO HOLD YOUR HAND
LENNON #9 9 LENNON #9
いつもジョンレノンがやってきたのかと思うほどステージ栄えする彼ら、今回は女性ヴォーカリストを連れてきた、アレンジの良いIN MY LIFEを聴かせてくれた、ちょっとJAZZ風でよかったねえ、キーボードはあいだにカノンを入れたりで、茶目っ気のあるところを見せていた
全体のサウンドも力強くパワーありましたなあ
演奏曲 1 WHY DON'T WE DO IT IN THE ROAD 2 SHE SAID SHE SAID 3 TOMORROW NEVER KNOWS 4 IN MY LIFE 5 COLD TURKEY 6 EVERYBODY'S GOT SOMETHING TO HIDE EXPECT FOR ME AND MY MONKEY〜COMING UP
B-MEN 62 10 B-MEN 62
伊勢からやってきた4人組
大阪の地にもなじみ、今やこのコンサートの顔になりつつある彼ら
そんな彼らだからトリをお願いした
しかし魔物がこの館には住んでいて、酒がいたずらをしまんにゃーわ
リハーサルはトップで本番は一番最後、これがくせものだ
お客様は全員応援に回っての勇気付けをする事しきり
演奏は悪くなかったけど、YOUTUBEにはアップしないでくれと言うことで、今回はアップなしとしました
次回のリベンジに期待してまっしぇーーーッ
演奏曲 1 A HARD DAY'S NIGHT 2 ANY TIME AT ALL 3 WHAT YOU'RE DOING 4 EVERY LITTLE THING 5 I'M HAPPY JUST TO DANCE WITH YOU 6 TELL ME WHY 7 MATCH BOX 8 WHEN I GET HOME 9 LONG TALL SALLY
フィナーレ フィナーレ
最後は皆んなで恒例の行事をやることになっていて、みんなで歌おうのコーナーだ、曲は"HEY JUDE "
B-MEN 62も最後の力を振り絞っての演奏でした
他のバンドも大応援で、連帯感を感じましたねえ、いやはやうれしいことです
お客さんも皆んなのってくれ、30回記念大会を盛り上げてくれました、感謝感謝
これからもどうぞコピーバンド大会を愛していただけますよう、宜しくお願いいたします
司会の藤田さん木下さんご苦労様でした
キャバーンのスタッフの皆さんありがとう
これからもよろしくお願いします(AUG,21,2011)



EVENT REPORT!!
第10回ポールバースディパーティ(6/19SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

ポールがまたまた婚約したと言う
今度はアメリカ人女性でニューヨークの地下鉄会社の役員もしていると言うセレブらしい
今年69歳のポール、元気ですねえ、本当にモンスターですねえ
我々もみらないましょうね!!
レポートご覧ください

開演前 開演前
前日にこのキャバーンクラブもポールバースディパーティをやっていて、朝まで幹部が飲んでいて、我々の入りと鉢合わせになった
キャバーンの社長が言う、東京のキャバーンクラブが閉めたので、日本でキャバーンはここだけになったと、じっくり宣伝して欲しいと
確かにビートルズだけで商売するのは難しいと思うねえ、でも好きだからねえ、盛り上がるよう皆さんも応援してくださいね、よろぴくー
B-MEN 62 1 B-MEN 62
伊勢市からやって来た4人組
とにかく元気!!ラバーソウルやリボルバー辺りがお得意だけれど、今回は初期や後期もやってくれたねえ
ポール一色でまとめてくれた、よくぞのどがつぶれなかったねえ
演奏曲 1 THE END〜GET BACK〜BIRTHDAY〜BACK IN THE U.S.S.R. 2 THING WE SAID TODAY 3 ANOTHER GIRL 4 MICHELLE 5 HERE THERE AND EVERYWHERE 6 WE CAN WORK IT OUT 7 POLYTHENE PAM〜SHE CAME THROUGH THE BATHROOM WINDOW 8 DRIVE MY CAR 9 PAPER BACK WRITER 10 KANSAN CITY〜HEY HEY HEY 11 SGT.(REPRISE) (ENCORE)LONG TALL SALLY〜EVERBODY'S〜BOYS〜MONEY〜I SAW HER STANDING THERE
THE BLUE JAYS 2 THE BLUE JAYS
いつも誰もやらない(やれない???)曲を披露する彼ら、今回はアコースティックでポールが南部なまりで歌うロッキーラクーンを持ってきた
難しかったと言っていたが、彼らは仕上げてきますねえ
さらにポールが随分前に歌ったストロベリーフィールズフォーエバーも、いやはやテクニシャンですねえ、うれしいですねえ
演奏曲 1 BAND ON THE RUN 2 LIVE AND LET DIE 3 ROCKY RACCOON 4 STRAWBERRY FIELDS FOREVER 5 HI HI HI (ENCORE)MY BONNIE,HIPPY HIPPY SHAKE,FREEDOM
CALLY 3 CALLY
キャバーンクラブ初登場の彼ら
もともとはリッケンバッカーの改造に来られた時にバンドをやっていると聞いたので、まずはマンスリーライブに誘ってみた
ビートルズのデビュー前をキャロルのような味付けで聴かせてくれた
これならキャバーンでも十分いける、問題ないと判断、出演の運びとなった
リージェントも決め、ステージでダンスしながらの演奏は、ビートルズのハンブルグを想像しちゃいましたねえ
演奏曲 1 SLOW DOWN 2 TWIST AND SHOUT 3 I SAW HER STANDING THERE 4 ANNA 5 GOOD GOLLY MISS MOLLY 6 PLEASE MR.POSTMAN 7 BAD BOY 8 R&R MUSIC (ENCORE) LONG TALL SALLY
REMEMBER 4 REMEMBER
我々のコンサートの顔となって久しいが、今回はポール役がトラに替わっていた
震災以降、色々と出演が難しくなっても、トラを入れてでもステージを続けてくれることはありがたいことだ
これからも連続出演記録を延ばしていって欲しいものだ
演奏曲 1 I SAW HER STANDING THERE 2 ALL MY LOVING 3 EIGHT DAYS A WEEK 4 IF I FELL 5 THINGS WE SAID TODAY 6 CAN'T BUY ME LOVE 7 TWO OF US 8 I'VE JUST SEEN HER FACE 9 DAY TRIPPER 10 SHE LOVES YOU (ENCORE) GET BACK
PABLO FANQUES FAIR 5 PABLO FANQUES FAIR
フロントの3人が背が高くってビジュアルが良い彼ら、ビジュアルだけでなく演奏もゴキゲンだ
今回も難しい曲のオンパレードだった、どうやってコピーするんでしょうかねえ、感心も得心もしますねえ、、、、いやはやほんま
演奏曲 1 JUNIOR'S FARM 2 HIGH WAY 3 THE WORLD TONIGHT 4 THING WE SAID TODAY 5 ALL MY LOVING 6 I'VE HAD ENOGH 7 SOILY (ENCORE)LONG TALL SALLY
FLYING HORSES 6 FLYING HORSES
マニアックなマニアックなマニアックすぎるほどのウィングスのコピーバンドだ
YOUTUBEでも世界各国から賛辞のコメントが寄せられる彼ら
日本の誇りと言っても良いくらいだ
演奏曲 1 INSTRUMENTAL〜EAT AT HOME 2 BIP BOP 3 SMILE AWAY 4 MUMBO 5 BLUE MOON KENTUCKY 6 BEST FRIEND 7 WILD LIFE 7 HI HI HI 8 GIVE IRELAND BACK TO THE IRISH10 LONG TALL SALLY (ENCORE)VENUS AND MARS/ROCK SHOW/JET,LET ME ROLL IT
フィナーレ フィナーレ
ポールの初期の最高傑作であるこの曲でお別れです、曲は"I SAW HER STANDING THERE "だ
出演バンドのメンバーもお客様もおおのり
皆んなで肩組みあってのエンディング
うれしいですねえ、楽しいですねえ、感動しましたねえ
ポールのようにいつまでも若く、色気のある男でいたいねえ、みなさん頑張りましょうね
さてさてお客様、バンドの皆さん、どうもどうもありがとうございました
司会の木下さんご苦労様でした
キャバーンのスタッフの皆さんありがとう
これからもよろしくお願いします(JUN,19,2011)



EVENT REPORT!!
第11回X'MAS PARTY(12/19SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

この12月は全世界がクリスマス一色になると思うとキリスト教ってすごいなあと改めて思うねえ
そのキリスト教よりビートルズのほうがポピュラーだと言ったJOHNはさらにすごい男だなあって思いますねえ
生誕70周年のクリスマスパーティ、盛り上がりましたねえ
レポートご覧ください


PAPA '40s 1 PAPA 40's
お久しぶりですねえ、神戸からやってきた彼ら
とにかくMCが面白くって、ぐいぐい引っ張られる
キーボードの女性が結婚すると言うので、大いに盛り上がった、やっぱり結婚するって言う時が、女性は一番きれいねえ
お幸せに!!
NO MATTER WHAT
転石偽造団 2 転石偽造団
いつもマイナーな曲が多い中、今回はメジャーどころで楽しませてくれた
ストーンズもそうだけど、有名な曲はのるもんねえ、今回もサンタのコスプレで暑さをものともせず歌ってくれた、ストーンズっていいねえ
SATISFACTION
WHITE CREEK BAND 3 WHITE CREEK BAND
第2回目のビートルズコピーバンド大会に出てくれたバンドが色々な変遷を得て、今はカントリーバンドになっていて驚いた
2回目の時もビートルズをカントリー風にアレンジした曲もやってくれたから、当時からカントリーの匂いのする雰囲気があった
イーグルスやバーズの曲をやってくれた
PEACEFUL EASY FEELING
E.G.CHILDREN 4 E.G.CHILDREN
マンスリーの顔になった感のあるバンドだ、我々の良く耳にする曲を中心にやってくれた
エキストラのコーラスを入れてのHAPPY X'MASをSILENT NIGHTでくるんで演奏してくれた、なんだかジーンときたねえ
SILENT NIGHT
B-MEN 62 5 B-MEN 62
ビートルズのコピーバンドとして人気を独占したようなこの年だった
来年も暴れるらしいから、注目してましょうねえ
今回はとっても難しい曲、コーラスも大変な曲をやってくれた、感謝感謝
HERE THERE AND EVRYWHERE
EVENT REPORT!!
第7回ジョン&ジョージ追悼コンサート(12/5SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

今回は東京と名古屋と広島からバンドがやってきてくれた
しかも総数11バンドと過去最大のバンド数となった
いやあうれしいですねえ
ジョンもジョージも天国で喜んでるだろうか?!
レポートご覧ください

開演前 開演前
ポールがジョージをジョンに紹介した時、すでにジョンはいっぱしの大人だったから、子供のジョージを見てどう思ったんだろうね?
ギターの腕前を見せる為、バスの2階でラウンチーを聴かせたという
チョーキングのところがうまかったんだろうね、加入となった
ジョージは"WAH-WAH"で、君は僕をビッグスターにしてくれたと歌詞に書いた
ジョージはジョンに心底感謝していたんだろうね、きっと
THE BEATRIBES 1 THE BEATRIBES
毎年8月にリバプールで行われるビートルウィークに今年出演してきた彼ら、関西からは初となった、とにかく盛り上がったらしい
数年前にリッキーを連れて行ったのを思い出したねえ
あの時もそうだけど世界中からそれこそすごいバンドが集まるから、まあびっくりする
キャバーンのフロントとバックのステージは熱気ムンムンで、外人のノリのいいこと、あのノリは音楽のノリではなくサッカーのノリだと感じたねえ、日本人にはまね出来ないや
演奏曲 1 SOMETHING 2THE BALLAD OF JOHN AND YOKO 3 PENNY LANE 4 HERE COMES THE SUN 5 OCTOPUS'S GARDEN 6 I AM THE WALRUS 7 OLD BROWN SHOE 8 MAGICAL MYSTERY TOUR 9 A DAY IN THE LIFE
A HAPPY JGPR CLUB BAND 2 A HAPPY JGPR CLUB BAND
ビートルズの日本公演を見に行ったリアルタイムの彼ら、今回も面白い話をしてくれた
武道館ではリンゴーのバスドラがすごく聴こえたらしい、当時のテレビはうまく拾えてなかったように思うが、ライブをじかに見た人のいつわりない声だと思った
しかも椅子が高いのもバスドラの音を十分効かす為だろうとの考えも、なるほどと納得したりして
演奏曲 1 LITTLE CHILD 2 I CALL YOUR NAME 3 WOMAN 4 ACROSS THE UNIVERSE 5 WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS
THE BEAT MACKEY 3 THE BEAT MACKEY
名古屋からやってきたバンドだ、名古屋も盛んですねえ、ビートルズファンの多いこと
彼らは高校の先輩後輩の間柄と言う
革ジャンに身を包み、初期の曲を演奏しているとシルバービートルズって感じでよろしいなあ
ジョージ役はフチュラマを持ってきたと思ったら、自分で改造して作ったと言う、すごい才能!!
欲しい人には10万円で売ると言っていた
音もシャープだったねえ
演奏曲 1 A HARD DAY'S NIGHT 2 I WANT TO HOLD YOUR HAND 3 THIS BOY 4 FROM ME TO YOU 5 PLEASE PLEASE ME 5 I'LL BE ON MY WAY 6 みんないい娘 7 I'M GONNA SIT RIGHT DOWN AND CRY 8 ROLL OVER BEETHOVEN
THE PEPPERS 4 THE PEPPERS
東京からやってきた彼ら、ジョンレノン祭に続き東京からもう一バンドやってきてくれた
東京大阪間は近くなったと言うけど、交通費や宿泊費を考えるとなかなか来れるものではないから尚のことうれしいのである
シアスタジアムのジャケットで登場、雰囲気抜群ですねえ、サウンドもよかったねえ
ドラムスはP.S.のドラマーだ、THE REASONと3バンド掛け持ちですか?
すごいパワフルですねえ
おみそれいたしましたあ
演奏曲 1 I CALL YOUR NAME 2 HERE COMES THE SUN 3 I FEEL FINE 4 ANYTIME AT ALL 5 SOMETHING 6 YOU CAN'T DO THAT 7 BABY IT'S YOU 8 DON'T LET ME DOWN
NOT 4 SALE 5 NOT 4 SALE
会社の同僚と作ったバンドとか、ポールがレフティで雰囲気おますなあ
中央のギターリストはリッケンバッカーのコピー物を持ってきて、皆んなバンドを見ずにギターのネームプレートばっかり見てると笑わせていた
しゃべって歌って、さらに最後はかつらまでとって、本日最高の爆笑を勝ち取ってましたなあ、いやはやすごいエンターテイナーでおます
演奏曲 1 HELLO GOODBYE 2 JET 3 COME TOGETHER 4 ONE AFTER 909 5 A HARD DAY'S NIGHT 6 YOU CAN'T DO THAT 7 TWIST AND SHOUT
KKK's WITH SN 6 KKK's WITH SN
ベースとキーボードがご夫婦といううらやましいバンドだ
夫婦そろってカラオケに行くというのは良くある光景だが、スタジオに入るとなるとそうある話ではないよねえ
サウンドは夫婦だからか?よくそろってたねえ
ベーシストは高いキーが出る、声の質もポールに良く似てたねえ
演奏曲 1 MR.MOON LIGHT 2 NO REPLY 3 DAY TRIPPER 4 OH! DARLING 5 NOWHERE MAN 6 DRIVE MY CAR 7 I SAW HER STANDING THERE〜ONE AFTER 909〜WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS〜GET BACK
REMEMBER 7 REMEMBER
ご存知リメンバー
この追悼コンサートでは他のどのバンドより張り切っているように思うのは気のせいか?!
今回はジョン役が12弦を持ってきた、ぴんと来たねえ、悲しみはぶっとばせだなと、間違いなくやってくれました
ジョージの"BEWARE OF DARKNESS"もよかったねえ、泣けますねえ、ウェーーーン(もうええちゅうねん)
演奏曲 1 DON'T BOTHER ME 2 YOU'VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY 3 BEWARE OF DARKNESS 4 GLOW OLD WITH ME 5 I LIVE FOR YOU 6 REVOLUTION 7 ALL THOSE YEARS A GO
THE BEATLE_SKETCH 8 THE BEATLE_SKETCH
いつもは3人の彼ら、今回はソロだ
よっちんさんと言う彼もリバプールのキャバーンクラブには2度ばかし出演している、キャバーンのハウスバンドとも共演しているのもYOUTUBEでご覧いただける
今回は恐ろしいエフェクターキットを持ってきた!!
なんとひとり3重唱できるヴォーカルのキットだ
"NOWHERE MAN"の3パートハーモニー是非聴いてみてくださいな
演奏曲 1 DIZZY MISS LIZZIE 2 NOWHERE MAN 3 IF I NEEDED SOMEONE 4 STRAWBERRY FIELDS FOREVER 5 I ME MINE 6 I'M SO TIRED 7 REAL LOVE
P.S.I LOVE YOU 9 P.S.I LOVE YOU
毎度おなじみの彼ら、今回はジョージ役がトラで参加、すごいステージとあいなった
ジョージ追悼のためどのバンドもやる"WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS"だが、なかなかクラプトンのコピーは難しい
レコードと音が合ってもブルージーさが必要なんですねえ、サンタナも弾いてるけどやっぱりラテンのノリで、この曲には合わない、ブルージーなギターを弾けなくてはこの曲を盛り上げることが出来ない、でも今回のトラは見事にやってくれましたねえ
まるっきりブルージーでしたねえ
聴き惚れてしまいました、いやはやほんま
演奏曲 1 YOU CAN'T DO THAT 2 HELP! 3 COME TOGETHER 4 HAPPINESS IS A WARM GUN 5 SOMETHING 6 パーティはそのままに 7 ONE AFTER 909 8 WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS
THE BLUE JAYS 10 THE BLUE JAYS
彼らもこの追悼コンサートは張り切る、ジョンとジョージのこだわりの部分を良く表現してくれる
痒いところに手が届くとでも言うんだろうか?コピーはうまいねえ
"NOWEGIAN WOOD"のジョンの指使いや"ALL THINGS MUST PASS"もジョージのギターのストローク、感心しちゃいますねえ
演奏曲 1 I'M LOOSING YOU 2 NORWEGIAN WOOD 3 DIZZY MISS LIZZY 4 ALL THINGS MUST PASS 5 HERE COMES THE SUN 6 (I'VE GOT MY MIND)SET ON YOU
LENNON # 9 11 LENNON # 9
ジョンレノン祭に続き出演してくれた彼ら
真ん中のヴォーカルがジョンの雰囲気を放つ、サンタの衣装も決めてくれて、なんとも華やかなステージとなった
ヴォーカルが多いとサウンドが汚れるのが多い中、彼らはクリーンなのである、発声をうまく合わしてるんだろうねえ、乱れないから不思議だ
うまくトリを取ってくれましたねえ、感謝感謝
演奏曲 1 GLASS ONION 2 WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 3 OLD BROWN SHOE 4 HELTER SKELTER 5 HOW DO YOU SLEEP? 6 I'M LOOSING YOU
フィナーレ フィナーレ
最後は皆んなで歌おうのコーナーだ、曲は"TWIST AND SHOUT "
この曲を初めて聴いた時、レコードの表紙の写真の中でジョージがリードヴォーカルをとっているんじゃないかと顔だけで判断していた、図太い声はきっとジョージだと思っていた、なんとも情報の無い時代だったねえ
ジョンが歌っていると分かってびっくりしたのは遠い昔の話ですねえ
ジョンとジョージ、今頃何をしてるんでしょうかねえ、この曲を歌っていたりしてねえ、、、、
さてさてどうもどうもありがとうございました、キャバーンへやってきてくれたお客様、そして出演バンドの皆さん、感謝いたします
司会の藤田さん木下さんご苦労様でした
キャバーンのスタッフの皆さんありがとう
これからもよろしくお願いします(DEC,5,2010)



EVENT REPORT!!
ジョンレノン祭(10/10SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

今年はジョンの生誕70年、没後30年のメモリアルイヤーだ
ジョンがいなかったらビートルズは生まれてなかっただろうし、ビートルズの曲だってそうだ
我々ビートルズファンにとっては無味乾燥な人生を送っていたかもしれない
そう思うとジョンに感謝しなくっちゃあと言うわけで、ジョンレノン祭を企画した、賛同してくれたバンドが集まってくれた
ジョンの曲を聴きながら、何度も涙が流れそうになった、ウェーーーン(泣いてどないすんのんじゃ)
えらいすんまそ(だめだこりゃ)
レポートご覧ください

開演前 開演前
ジョンは自分でも嫉妬深い男だと言ってたし、曲にも随所に現れているが、よくぞポールを自分のバンドに入れたなあと感心する、自分よりルックスがよくってギターがうまくって、なによりエルビスに似ていたポールに焼きもちを焼くよりは自分のバンド強化に考えが行った、要するに懐の深い男だったんだろうね
ステージではすごくエキサイティングな姿だったんだろうね、ジョンを見たくてキャバーン前に並んでいた少女達は今何を思っているんだろうね、ジョンのデビュー前を知っていたと言うのは財産なんだと思うけどねえ、どうなんだろ?並んでいるお客さんたちを見て、そんな風に感じたねえ
P.S.I LOVE YOU 1 P.S.I LOVE YOU
開口一番マックの15周年を祝ってくれた、マックが開店してすぐに京都からこのバンドのリーダーとベースの奥さんがヘフナーを買いに来てくれたのを思い出しましたねえ、長い付き合いですねえ、これからも大事にしていきたいお客様ですねえ
さてさてバンドの方はいたって元気、サウンドもきれいですねえ、特に3声のハーモニーはきれいですねえ、女性陣もきれいでうっとりとしてしまうのはオイラだけではなさそうだ
ビートルズ時代、ソロになってから、色々なジョンの曲を披露してくれた、すごいレパートリーの多さに感心することしきり、トップバッターご苦労様でした
演奏曲 1 IF I NEEDED SOMEONE 2 I FEEL FINE 3 RUN FOR YOURSELF 4 BECAUSE 5 HEY BULLDOG 6 GIRL 7 OH MY LOVE 8 THE WORD 9WOMAN (ENCORE) TO KNOW HER IS TO LOVE HER NOWHERE MAN
REMEMBER 2 REMEMBER
今回はエレキではなくJ-160Eを持ってきたジョン役の彼、ビートルズ時代ジョンはリッケンバッカー、カジノとエレキは変遷したが、アコースティックはJ-160Eを使い続けたのはジョンのサウンドそのものだったんだろうね、多分ジョンのほとんどの曲はJ-160Eで出来上がったと思ってる
ステージでJ-160Eを使うバンドも多くなったがこのバンドはうまく使いこなす、バランスがいいんだろうね
ジョン大好きと言うのが伝わってくるステージだったねえ、よかったよかった
演奏曲 1 HELP! 2 IN MY LIFE 3 STAND BY ME 4 WOMAN 5 STARTING OVER 6 HOW ? 7 IMAGINE 8A DAY IN THE LIFE (ENCORE) COME TOGETHER HAPPINESS IS A WARM GUN DON'T LET ME DOWN
VANDY 3 VANDY
ひとりビートルズの似合う彼、彼とも付き合いが長いですねえ、現在はFMのD.J.で大活躍の彼、もちろんビートルズ大好き人間でもあります
ひとりでビートルズをやるのは極めて難しい、リズムをきざみながら要所要所リードも弾かなくてはいけないし、コーラスも付けられないし、言やあ直球勝負の感じなんだけど、彼はお客にビートをとってもらい縦横無尽にギターかき鳴らす
ヴォーカルは音域もあるからビートルズに聴こえる、間を空けないでずーーーと歌ってられるのも才能のひとつだよねえ
演奏曲 1 NORWEGIAN WOOD 2 HELP! 3 JOHNY BE GOOD〜BLUE SUEDE SHOES 4 EIGHT DAYS A WEEK 5 SHE LOVES YOU 6 TICKET TO RIDE 7 SOMETHING 8 LET IT BE (ENCORE) HONKY TONK WOMEN
THE REASON 4 THE REASON
東京からやってきてくれた彼ら、よくよく話を聞くとベースの彼が第一回目のビートルズコピーバンド大会に出演したことがあることが分かった、今は東京に住んでいてこのバンドで活動中という、おっと思い出しましたねえ、レフティでルックスがよかったのを、今も全く変わらないのには驚きましたねえ、この世には年をとらない人がいるんですねえ
バンドはビートルズのデビュー前を中心にパンチあるロックンロールに甘いバラードとなかなか雰囲気あるバンドだった
サウンドもタイトで、ドラムの女性はP.S.I LOVE YOUのドラムスでもあるのだけれど、全くドラムの感じが違う、抜群にドライブしてる、パワーもあるし、何より初期のリンゴーにそっくりだ、ロールしてるんですもんねえ、驚いちゃった
演奏曲 1 SOME OTHER GUY 2 LEND ME YOUR COMB 3 I REMEMBER YOU 4 DEVIL IN HER HEART 5 I GOT TO FIND MY BABY 6 FALLING IN LOVE AGAIN 7 TO KNOW HER IS TO LOVE HER 8 愛なき世界 9 AIN'T SHE SWEET 10 MR.MOONLIGHT (ENCORE) YESTERDAY LEAVE MY KITTEN ALONE HIPPY HIPPY SHAKE
GENTLY WEEPS 5 GENTLY WEEPS
ドラムスとパーカッションとベースが親子と言うバンドで、アットホームなそれでいてテクニックのあるサウンドを構築する彼ら
細かい部分までしっかりとコピーをしているのは感心だ、さらに自分達でアレンジするところもなかなかのセンスを見せてくれる、ジョンならこういう選曲でステージをやると言う感じの曲をやってくれた、のりましたねえ
演奏曲 1 COME TOGETHER 2 DON'T LET ME DOWN 3 NORWEGIAN WOOD 4 NOWHERE MAN 5 I CALL YOUR NAME 6 LOVE 7 IMAGINE 8 STRAWBERRY FIELDS FOR EVER〜HELP!〜GIVE PEACE A CHANCE (ENCORE)BIRTHDAY
THE BEAT FLAT 6 THE BEAT FLAT
このバンドも親子バンドだ、フロントの3人がそうだ、お父さんのビートルズ好きに付き合ってるようだけど、きっちり衣装もそろえなりきっている所はあながち付き合ってるというより楽しんでいそうだ
サウンドも出演するたびに良くなってきてる、強弱がすっきりしてる、バランスもよかったねえ、聴きやすかった、MCも当然面白かった
演奏曲 1 PLEASE PLEASE ME 2 悲しみはぶっとばせ 3 DRIVE MY CAR 4 HELP! 5 I NEED YOU 6 COME TOGETHER 7 DON'T LET ME DOWN 8 TWIST & SHOUT (ENCORE) A HARD DAY'S NIGHT SHE LOVES YOU
B-MEN 62 7 B-MEN 62
三重は伊勢市からやってきた彼ら
前回のステージの時とは違ったスーツで雰囲気もバッチリだ、サウンドもびっくりするくらいまとまってる、初期とA HARD DAY'S NIGHTのアルバム中心にやってくれた
このバンドのジョージ役はカジノで12弦の音を再現する、エフェクターなど使わずにである、驚きですよまったく
フロントの3人の動きも最高だ、良く動く、2マイクでジョージが入ってくる感じもそっくりだ
ジョン役はのってましたねえ、注目度抜群でした、いやはやすごかった
演奏曲 1 NO REPLY 2 BABY IT'S YOU 3 ALL I'VE GOT TO DO 4 I SHOUD HAVE KNOWN BETTER〜A HARD DAY'S NIGHT〜I FEEL FINE 5 ANYTIME AT ALL 6 THIS BOY 7 YOU CAN'T DO THAT 8 I CALL YOUR NAME 9 WHEN I GET HOME 10 BAD BOYS 11 SLOW DOWN (ENCORE)DRIVE MY CAR TAXMAN AND YOUR BIRD CAN SING
フィナーレ フィナーレ
恒例の皆んなで最後はこの曲を歌いますコーナーだ、曲は"HELP! "
ジョンの一番のりのいい曲を選ぼうとして色々考えたけれど、やっぱりこれだと思いHELP!にした
バックコーラスもお客様がつけてくれ最高に盛り上がりましたねえ
ジョン!!生きていたらどんな曲を作っていたんだろうね
かえすがえす残念だけど、ジョンのあのヒップな生き方やセンスは後世にきっと語られ、受け継がれていくんだろうね
ジョンと同じ時代を生きてきたことを心から誇りに思うと同時にもう一度ジョンに感謝のお礼を言いたいと思います、”どうもどうもありがとうございました”
ジョンレノン祭にやってきてくれたお客様、そして出演バンドの皆さん、感謝いたします
司会の藤田さん木下さんご苦労様でした
キャバーンのスタッフの皆さんありがとう
これからもよろしくお願いします(OCT,10,2010)



EVENT REPORT!!
第29回ビートルズコピーバンド大会(8/22SUN)
(各バンドの写真をクリックするとLIVEの模様を拡大表示します)

今年の夏は本当に暑かった
気温観測史上最高の暑さだったとか
夏に強いおいらも今年ばかりはばてかけたねえ、でも出演バンドが元気で驚いた
皆んなすごいパワーを持ってるなあって感心しちゃいました、朝早くから岡山や三重から駆けつけてくれるんだもんねえ、おいらもがんばらなくっちゃあって思いました
レポートご覧ください

開演前 開演前
どんなに暑くっても並んでくれる、行列のできるラーメン屋じゃあないけど、ぞくぞくと集まってくれるのは頭の下がる思いです
最近は家族ずれも多くなって、ビートルズは世代を超えたって感じますねえ、ビートルズは永久に不滅です!!(お前は長嶋かあ?!)
REMEMBER 1 REMEMBER
ご存知リメンバー、今回はリボルバーアルバム丸ごと演奏するというすごい企画で挑戦した彼ら
ライブでは出来ないだろうと誰もが思う曲もやってのけるんだもんねえ、アー驚いちゃった
シタールの音も、効果音もすべてエレキギターで表現するんだもんねえ、あきれて物も言えませんでした、よくぞビビらせてくれました、いやはやまいったまいった
演奏曲 1 TAXMAN 2 I'M ONLY SLEEPING 3 LOVE YOU TO 4 HERE THERE AND EVERYWHERE 5 YELLOW SUBMARINE 6 AND YOUR BIRD CAN SING 7 DOCTOR ROBERT 8 I WANT TO TELL YOU 9 GOT TO GET YOU INTO MY LIFE 10 TOMORROW NEVER KNOWS (ENCORE) SHE SAID SHE SAID
B-MEN 62 2 B-MEN 62
三重は伊勢市からやってきた四人組、先だってのマンスリーライブに出てくれての今回のキャバーンデビューとあいなった
とにかくうまい!!演奏もヴォーカルもハーモニーも抜群だ
さらに2マイクでのスピード感あるステージは、久しぶりにうなってしまいましたねえ
"AND YOUR BIRD CAN SING"のツィンリードをひとりでやるんだもんねえ、必見ですよ!!是非ご覧になってください
演奏曲 1 DRIVE MY CAR 2 TAXMAN 3 DAY TRIPPER 4 HELP! 5 NOWHERE MAN 6 WITH A LITTLE HELP WITH MY FRIEND 7 YES IT IS 8 MICHELLE 9 AND YOUR BIRD CAN SING 10 IF I NEEDED SOMEONE 11 TICKET TO RIDE 12 PAPERBACK WRITER (ENCORE) I FEEL FINE
SILVER RABBITS 3 SILVER RABBITS
リハーサルが始まる前から酒を飲みだすんだもんねえ、本番大丈夫かなあ???って心配してたけど、まあ驚いた、酔っ払っていてもステージではしっかりしてること
しゃべってはろれつが回らないのに、きちんと歌ってるし、ギターもトチってないし、すごいねえ
やっとわかったねえ、酒が入るほどしっかりしていく人がいるんだってことを
サウンドも申し分ないし、選曲もいいし、摩訶不思議な気持ちになりました
演奏曲 1 TWIST & SHOUT (SHORT VERSION) 2 DEVIL IN HER HEART 3 HELP! 4 ACT NATURALLY 5 YOU REALLY GOT A HOLD ON ME 6 I WANT TO HOLD YOUR HAND 7 THIS BOY 8 I'M GONNA SIT RIGHT DOWN AND CRY 9 HOW DO YOU DO IT 10 ALL MY LOVING (ENCORE) I SAW HER STANDING THERE
LENNON NO. 9 4 LENNON NO. 9
バンド名からも分かるとおりジョン崇拝者の彼ら、しかし良く聞くと、とあるライブバーで気のあった者どおしがセッションしているうちに出来たバンドだとか
それにしても良く出来たバンドだ
ヴォーカルもジョンの雰囲気をかもし出してるし、ギターもセンスいいねえ
ビジュアルも最高だった
演奏曲 1 THE BALLAD OF JOHN AND YOKO 2 OLD BROWN SHOE 3 組曲 SUN KING(SUN KING〜MEAN MR.MUSTARD〜POLYTHENE PAM〜SHE CAME IN THROUGH THE BATHROOM WINDOW〜SUN KING) 4 STARTING OVER 5 ONE AFTER 909 6 I AM THE WALRUS (ENCORE)OCTOPUSS'S GARDEN
THE BLUE JAYS 5 THE BLUE JAYS
いつもは誰もやらない曲のオンパレードだったけど、今回は無難にのりのいい曲ばっかりを持ってきた彼ら
楽器の組み合わせもよかったねえ、J-160Eにテネシアン、それにヘフナー、まさしく1964-5年のビートルズ
このギターのアンサンブルは聴きやすいねえ、もろにビートルズだもんねえ
演奏曲 1 THANK YOU GIRL 2 THIS BOY 3 EVERYBODY'S TRYING TO BE MY BABY 4 I WANNA BE YOUR MAN 5 CAN'T BUY ME LOVE 6 LOVE ME DO 7 ASK ME WHY 8 P.S.I LOVE YOU 9 SIE LIEBT DICH 10 BAD BOY 11 I'M DOWN (ENCORE) 1 I FEEL FINE 2 HELP!
FLYING HORSES 6 FLYING HORSES
WINGSのコピーバンドとして世界的に有名な彼ら、今回はオリジナルのフルメンバーがそろっての演奏となった
ドラムのJASHがイギリスでのポールのコンサートに行ってきた時の話が面白かった、ポールがウクレレを持った時に、ボードに"RAM ON"をリクエストしたら、やってくれたと言う、あとで調べたら実際やっていたのには驚いた、いい思い出になるだろうね
演奏曲 1 VENUS AND MARS〜ROCK SHOW〜JET 2 LETTING GO 3 GOODNIGHT TONIGHT 4 JUNIOR'S FARM 5 CAFE ON THE LEFT BANK (SURPRISE)RAM ON 6 MY LOVE (ENCORE) BAN ON THE RUN
THE MEETS 7 THE MEETS
岡山からはせ参じてくれた彼ら
とにかくセンスのいいステージは見ていて惚れ惚れするほどだ
このバンドはドラムスがすごい、パワーもさることながらリズミカルなんだ、だからすっかりのってしまう、自然と体が躍動してくる、これはマジックですねえ
全体のサウンドもよかったねえ、しっかりまとめてくれて感謝感謝です
演奏曲 1 NOWHERE MAN 2 A HARD DAY'S NIGHT 3 HELP! 4 PAPERBACK WRITER 5 SOMETHING 6 LADY MADONNA 7 HEY BULLDOG 8 THE END (ENCORE) SLOW DOWN
フィナーレ フィナーレ
恒例の皆んなで最後はこの曲を歌いますコーナーだ、曲は"HEY JUDE "
THE MEETSのサウンド最高でした
お客様ものってくれてうれしかったですねえ
バンドの皆んなもそれぞれ仲良くなってうれしかったですねえ
これからも良き交流期待してます
どうもどうもありがとうございました、とってものりのいいお客様、そして出演バンドの皆さん、感謝いたします
司会の木下さん孤軍奮闘ご苦労様でした
キャバーンのスタッフの皆さんありがとう
これからもよろしくお願いします(AUG,22,2010)




ビートルズコピーバンド大会(毎年2月/8月開催)

THE BLUE JAYS WITH RICKY 「20th THE BEATLES COPY BAND CONCERT」
2005.8.28(SUN)
at OSAKA CAVERN CLUB
(THE BLUE JAYS WITH RICKY)

このコンサートも早、29回目を迎えるほどになりました。一般にバンドを結成しても発表する場がなかなか見つからないというのが常です。オーナー自ら率いるバンド「THE BEAGLES」も腕の見せ所がなくて困っていました。そんなコピーバンドを集めたコンサートはおもしろいんじゃないかという発想で始めたのがこのイベントです。
 毎年2回(2月と8月)大阪キャバーンクラブを借り切って行います。毎回6〜7バンドが出演します。いろいろなビートルズコピーバンドが登場します。楽器から衣装までこだわる"完コピ"バンド、親子バンド、レディスバンド、キーボードを使った曲ばかり選んで演奏するバンド、4人ではなくトリオでやってしまうバンドなど様々なバンドが登場します。
 次回は2月です。是非ご参加ください。"おもしろい"の一言につきますよ!

第9回ポールバースディパーティ('10/6/13)
第28回 THE BEATLES COPY BAND 大会('10/2/28)
第6回ジョン&ジョージ追悼コンサート('09/12/6)
第8回ポールバースディパーティ('09/6/14)
第27回 THE BEATLES COPY BAND 大会('09/2/22)
第5回ジョン&ジョージ追悼コンサート('08/12/7)
第26回 THE BEATLES COPY BAND 大会('08/8/24)
第7回ポールバースディパーティ('08/6/15)
第25回 THE BEATLES COPY BAND 大会('08/2/24)
第4回ジョン&ジョージ追悼コンサート('07/12/2)
第24回 THE BEATLES COPY BAND 大会('07/8/26)
第6回ポールバースディパーティ('07/6/17)
第23回 THE BEATLES COPY BAND 大会('07/2/25)
第3回ジョン&ジョージ追悼コンサート('06/12/3)
第22回 THE BEATLES COPY BAND 大会('06/8/6)
第5回ポールバースディパーティ('06/6/18)
第21回 THE BEATLES COPY BAND 大会('06/2/26)
第2回ジョン&ジョージ追悼コンサート('05/12/4)
第20回 THE BEATLES COPY BAND 大会('05/8/28)
第19回 THE BEATLES COPY BAND 大会('05/2/27)
第3回 THE BEATLES COPY BAND 大会 in TOKYO('04/9/19)
第18回 THE BEATLES COPY BAND 大会('04/8/29)
第17回 THE BEATLES COPY BAND 大会('04/2/22)
第1回ジョン&ジョージ追悼コンサート('03/12/7)
第16回 THE BEATLES COPY BAND 大会('03/8/24)
第15回 THE BEATLES COPY BAND 大会('03/2/23)
第14回 THE BEATLES COPY BAND 大会('02/8/25)
第2回 THE BEATLES COPY BAND 大会 in TOKYO('02/3/31)
GEORGE HARRISON追悼コンサート('02/2/24)
第1回 THE BEATLES COPY BAND 大会 in NAGOYA('01/9/6)
第13回 THE BEATLES COPY BAND 大会('01/8/5)
第12回 THE BEATLES COPY BAND 大会('01/2/4)
第11回 THE BEATLES COPY BAND 大会('00/8/27)
第10回 THE BEATLES COPY BAND 大会('00/2/6)
第9回 THE BEATLES COPY BAND 大会('99/8/29)
第1回 THE BEATLES COPY BAND 大会 in TOKYO('99/3/21)
第8回 THE BEATLES COPY BAND 大会('99/2/07)
第7回 THE BEATLES COPY BAND 大会('98/8/23)


X'mas Party(毎年12月開催)

毎年12月にビートルズに限らない、いろいろなコピーバンドを集めて行っているクリスマスパーティーです。来年もよろしく!!!早めに応募してください!!!
第10回 X'MAS PARTY('09/12/20)
第9回 X'MAS PARTY('08/12/21)
第8回 X'MAS PARTY('07/12/16)
第7回 X'MAS PARTY('05/12/25)
第6回 X'MAS PARTY('04/12/12)
第5回 X'MAS PARTY('03/12/21)
第4回 X'MAS PARTY('99/12/5)
第3回 X'MAS PARTY('98/12/20)


その他のライブ(随時開催)
第4回サマーセッション('08/7/6)
第3回サマーセッション('07/7/29)
第2回サマーセッション('06/7/30)
第1回サマーセッション('05/7/24)

「WOODSTOCK '99 IN OSAKA」
1999.10.17(SUN)
at 服部緑地野外音楽堂 (野外コンサート)

WOODSTOCKの物まねをやってみようと言う発想でバンドを集めてやってみたところ,すごい反響で味をしめました。次回は未定ですが,又野外でやってみたいと思っています。

WOODSTOCK '99 IN OSAKA('99/10/17)

トップページに戻る